反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ラッセルvsハイランド

 エキサイトマッチの感想を。まずスーパーウェルター級10回戦、亀海喜寛vsヘスス・ソト・カラス。
 開始から左右のフックを振るうソトカラス。ソトカラスがバランスを崩したところに亀海の右。亀海も打ち合いに応じ、両者ボディを起点に手数を出しあう展開。
 2Rも両者ガンガン手数を出し打ち合う。亀海がソトカラスをロープ際へ詰めるが、ソトカラスも打ち返す。亀海は目じりから出血。3Rも両者ペースが落ちない。亀海もパンチを食っているように見えるが、ヘッドスリップで殺しているか。亀海のノーモーションの右がたびたびヒット。
 4Rも距離を詰めて我慢比べ。亀海のアッパーが入るが、それでもソトカラスはすぐさま打ち返す。5Rはソトカラスが手数で攻勢。亀海も有効打の数では負けていないのだが、やや印象が悪いか。
 6R、亀海はボディにパンチを集める一方、顔面にパンチをもらってしまう。7Rもソトカラスの右をもらう亀海だが、左右のボディを集めた後、ラウンド終盤にワンツーがヒット。ソトカラスの顔面が跳ね上がる。
 8R、亀海のボディが効いてきたかソトカラスの背中が丸まってくる。それでもソトカラスはごまかしながら反撃。
 9R、ソトカラスはさすがに消耗してきた様子。序盤に比べて手数が減ってきたか。それでもラウンド終盤には打ち合いに持ち込む。最終ラウンドも両者力を振り絞っての打ち合い。亀海がロープ際に押し込むが、手数はソトカラス。
 どちらについてもおかしくないラウンドが多く、判定は三者三様で1-1のドロー。亀海は有効打の数では上回っていたと思うが、ソト・カラスの手数に打ち消されてしまった。打ち合うスタイルで評価を高めている亀海だが、やはり日本人がこの階級でこのスタイルで勝ちきるのはきついか。

 続いてWBC世界フェザー級タイトルマッチ、ゲイリー・ラッセルvsパトリック・ハイランド。
 ジャブの差し合いからハイランドは飛び込んでボディ。ラッセルはお返しとばかりに飛び込んでボディを打つとさらに左右の強烈なフックを連打。
 2Rもラッセルの勢いは止まらず、左ボディから返しの右フックをクリーンヒット!ハイランドは一撃でヒザを突きダウン。ラッセルはここから一気にたたみかけ、右フックであっという間に3度のダウンを奪い圧勝。スピード、一発の重さ、仕留めにかかった時の決定力、いずれも文句なしの内容。ロマチェンコはよくこいつに勝ったなあ。

 最後はIBF世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ホセ・ペドラサvsスティーブン・スミス。
 ペドラサは膝を柔らかく動かしながら長いリーチを活かしてパンチを繰り出す。スミスはペドラサが飛び込んでくるところにフックを合わせようとする。
 2R、ペドラサの右がヒット!効かされたスミスが後退する。この後もペドラサが左ジャブを的確に突き刺すが、スミスは何とか凌ぐ。3Rもペドラサの右がヒット。遠い間合いからノーモーションでポーンと飛んでくるので読みづらいか。
 4Rは持ち直してきたスミスがジャブをヒット。ペドラサは攻め急いでない感じ。5R、クリーンヒットはないがスミスが連打を出していく。ペドラサ手数が出ない。
 6Rはペドラサが手数を増やす。スミスはボディブローを起点に攻撃。7Rもペドラサが手数で攻勢。相打ちの左フックを入れた後、多少効いた様子のペドラサにスミスが反撃。
 攻勢を強めるペドラサ、9Rにスミスが飛び込んできたところへ右フックをヒット。スミスがマットに両手をついてしまい、ダウンを取られる。
 終盤戦もペドラサが手数を出していき再びペースを握る。スミスは時おり単発のパンチを入れるが後が続かず、試合をひっくり返すクリーンヒットはないまま終了のゴング。ペドラサが5~7ポイントの差をつけ防衛に成功。
[PR]
by nugueira | 2016-05-26 23:28 | ボクシング | Comments(0)