反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC200の予想②

 メイン枠の予想を。

ケイン・ヴェラスケス○-×トラヴィス・ブラウン
 ヴェラスケスが王座陥落以来の再起戦。対するブラウンはこのところ勝ったり負けたりで、アルロフスキー戦ではKO負けを喫するなど打たれ弱くなっていないかが不安。テイクダウンも含めた総合力でヴェラスケス優位は動かないのでは。

ジョゼ・アルド×-○フランク・エドガー
 勝負論としては今大会で最も面白いカード。前回はアルドが勝利しているが、ディラショーに敗れた後のバラォンのように、マグレガー戦のKO負けでアルドの神通力がなくなっていないかが心配。勝てども勝てども王座挑戦権が回ってこなかったエドガーはモチベーションも最大限まで上がっているはずで、リベンジ&暫定王座獲得を果たすのでは。

ミーシャ・テイト○-×アマンダ・ヌネス
 ミーシャの初防衛戦の相手は3連勝中のヌネス。ミーシャとしてはしつこく組み付いてポジショニングで優位に立つ展開に持ち込みたいところか。チャンピオンと挑戦者の立場を入れ替えたロンダvsミーシャⅢは興味あるので、ミーシャにはそれまで防衛戦をクリアしてほしい。

ブロック・レスナー×-○マーク・ハント
 メガトン路線のマッチメイクだが、勝負論はさておきこのカードを見て胸が躍るファンは多いのでは。個人的にも、これが加わったことでUFC200に「軸」ができあがったように思う。
 ただ勝敗予想となると、ハント優位という以外に考えようがない(オッズが競っているのが本当に不思議)。組み付いてくる相手にその隙を与えず殴り倒すスタイルを確立しているし、レスナーのブランクを考えるとハントをテイクダウンする場面が想像しにくい。ハントがKO勝利と予想。

ダニエル・コーミエ×-○ジョン・ジョーンズ
 メインは因縁のライトヘビー級王座統一戦。暫定王座決定戦でピリッとしなかったJJの様子を見ると不安になってくるが、逆にJJを叩くとしたらあのタイミングが最大のチャンスだったはず。1試合挟んでチューンナップが完了したJJが、打撃・レスリングともにコーミエを圧倒するのではないかと予想。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-07-07 14:37 x
JJやってくれましたね・・・
Commented by nugueira at 2016-07-08 00:58
>みゆパパ様
 記事も書きましたが、今回のメインが消失した云々よりも、彼のキャリアがこれで終わってしまわないかが不安です。
by nugueira | 2016-07-06 23:44 | UFC | Comments(2)