反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC200の予想①

 日本時間10日に行われるUFC200。タイトルマッチ3つ、出場選手に現・元王者が合計9名という、UFC史上最大のラインナップと断言して問題ないであろうカード編成。何より、第1試合からメインまで「捨てカード」が一切ない、というのがUFCとしては非常に新鮮。かつてのPRIDE男祭りを思い起こさせる。
 というわけで2回に分けて、全カードの勝敗予想をさせてもらいます。

ジム・ミラー○-×五味隆典
 記念すべきメガイベントの幕を切って落とすカードに五味が登場。とはいえ相手のミラーも負けが込んでおり、敗者リリースマッチ的な位置づけなのが寂しいところだが。
 五味・ミラーとも打たれ弱くなっている気配があり、先に一発入れた方が優位に立ちそう。五味にもそれなりにチャンスはありそうだが、やはり全体のバランスではミラーの方が上、というか相対的に衰えが少ないか。ちなみにUFC100と200の両方に出場しているのはレスナー、ジョーンズとミラーの3人です。

ゲガール・ムサシ○-×チアゴ・サントス
 第2試合にも日本に馴染みのある選手が登場。対するサントスは4連勝中と好調だが、ムサシも前戦ではレイチを打撃で完封し復調している印象。下からの突き上げをここでしっかりと叩いてほしい。

ディエゴ・サンチェス×-○ジョー・ローゾン
 ライト級古豪同士の対戦。サンチェスはここ最近の戦績は思ったほど負け越していないが、スプリット判定の五味戦のように試合内容的には微妙な感じ。ローゾンはローゾンでダメージの蓄積が心配なのだが、かつてのサブミッションアーティストぶりを発揮してくれることを期待。

セージ・ノースカット○-×エンリケ・マリン
 冒頭に「捨てカードなし」と書いたのだが、唯一微妙なのがこのカード。あっさり黒星がついてしまいダナの期待を裏切ったノースカードだが、それでもビッグイベントに抜擢された。随分甘やかされてるなあ。今回も無名の相手があてがわれているので、さすがに2戦連続の不義理は働かないか。

T.J.ディラショー○-×ハファエル・アスンソン
 第5試合に前バンタム級王者のディラショーが登場!今大会の豪華さがここに集約されている。アスンソンはかつてディラショーに勝利しているが、これが1年9ヶ月ぶりの復帰戦。クルーズにベルトを奪われたとはいえ、王座に輝き充実したキャリアを積んできたディラショーがあっさりリベンジしそう。

ジョニー・ヘンドリックス○-×ケルヴィン・ガステラム
 続けてまたもや前王者・ジョニヘンが登場。トンプソン戦のKO負けで評価が下がったジョニヘンだが、対するガステラムも好不調の波が大きい選手。ジョニヘンのコンディション次第だが、普通にレスリングで圧倒するのでは。

キャット・ジンガーノ○-×ジュリアナ・ペナ
 ロンダに屈辱の6秒一本負けを喫したジンガーノが、あの試合以来となる復帰戦。ロンダ戦こそ何もできずに終わったが、ケタ違いのパワーはやはり驚異。かつてのド迫力ファイトを再び見せてほしい。

 メインカードの予想へ続く。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-07-06 11:20 x
私はガステラム勝利予想ですが、
ジョニヘン・ガステラムともに減量が順調にいっているかどうかが鍵になりそうな。
両者好調で対峙してもらいたいものです。

五味には何度裏切られても、やはり期待してしまいます。
Commented by nugueira at 2016-07-08 00:57
>みゆパパ様
 ここで五味が勝ったら「生きててよかった!」と思えるんですが、そう甘くはないのがUFCなんですよねえ。
by nugueira | 2016-07-05 23:50 | UFC | Comments(2)