反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 WORLD GP の感想

 Abema TV、地獄(?)の格闘技ライブ中継3連戦、まずはK-1から。ラスト3試合だけ見ました。

渡部太基×-○城戸康裕(判定)
 ミドルで距離を取ろうとする城戸に、渡部は距離を詰めパンチ連打。渡部の左フックを効かされた城戸が下がるが、ラウンド終盤には逆にパンチ連打で攻め込む。
 2Rも前半は渡部が前に出ていくが、城戸が左ハイから右ストレートをヒットさせると渡部の動きが落ちる。この後は城戸がパンチ連打で渡部を押し込み、流れが城戸へ傾いてくる。
 最終ラウンド開始早々、リズムをつかんだ城戸の左ストレートが入り渡部ダウン!城戸はKOこそ奪えなかったもののこの後も渡部にパンチを入れ続け、新生K-1初戦を完勝でスタート。やはり国内70キロ戦線ではいまだにトップクラス。煽りVの舛添はともかく、試合後のマイクで披露した「相手の攻撃を見切っているが前髪が気になる卜部功也」には不覚にも笑ってしまった。

武尊○-×小澤海斗(判定)
 ローとミドルで攻める武尊に、小澤はバックスピンキックやパンチ連打。事前の煽りに比べると、お互い落ち着いた締まった空気で進んでいく。
 2Rに入ると武尊のテンカオとボディブローが着実にヒットし、小澤は徐々に動きが落ちてくる。小澤はそれでも武尊の攻め終わりに連打を仕掛け、相打ち気味のパンチを入れる場面を作るが、打たれた武尊は笑顔を浮かべながら反撃するいつもの展開。3Rも武尊がボディを攻め続け、判定3-0で完勝。
 小澤はあれだけ攻め込まれながらもダウンせず凌いだのはお見事。武尊は相変わらずの回転力だったが、57キロにまだアジャストしきれていないか。

イリアス・ブライド×-○ゲーオ・フェアテックス(2R TKO)
 ゲーオは左右のローからワンツー、ヒザ蹴りからワンツーで序盤から攻勢。準決勝までの激闘で動きの鈍いブライドに対し余裕のある戦いぶりを見せ、終盤には跳びヒザも繰り出す。
 2Rに入ってもゲーオの攻勢は止まらず、近距離から首相撲なしでのヒザを連発。根負けしたようにダウンするブライドはそのたびにギリギリのところで立ち上がるが、最後もゲーオのヒザがボディに突き刺さり、3度目のダウンで勝負あり。ゲーオが盤石の戦いぶりでトーナメント2連覇。強いわ、という以外に言葉が見つからなくなってくる。今後はゲーオの対抗馬を見つけてくるのが一苦労になりそう。

 明日はベラトール。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-06-28 10:07 x
武尊のベストな体重はどこなんでしょうね。
Krushでは-58kgのチャンピオンでしたが、
K-1初戦の大雅戦でも序盤攻めあぐねたりしていましたし、
やっぱり-55kgが適正なのでしょうか。

そうであれば、相手の土俵に近い-57kgで小澤に何もさせなかったのは見事だったのではないでしょうか。

そして、試合後のマイクにも、貫禄と好青年ぶりが見て取れて非常に好感が持てる選手です。
今後も応援したい選手です。

ブライドとの決勝戦、木村との2戦目。
まあどちらも勝敗決していたとはいえ、フィニッシュはどちらも抱えての膝なのがどうしても気になってしまうゲーオですw
Commented by nugueira at 2016-07-03 22:21
>みゆパパ様
 K-1も急に細かい階級分けが始まりましたが、武尊は55キロにとどまった方が面白い試合ができそうな気がしますね。本人のモチベーション次第なんでしょうけれど。
by nugueira | 2016-06-24 22:48 | K-1 | Comments(2)