反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

DOMINIONの感想

 19日の新日本プロレス大阪城ホール大会、セミとメインの感想を。

 セミのIWGPインターコンチは初のラダーマッチでどんな仕上がりになるのかと思っていたのだが、これがもう面白い、というか面白すぎた。試合開始時にレッドシューズ海野がリング下のヤングバックスを見つけるくだりから始まり、度重なるラダー破壊、そしてクライマックスの乱入劇。
 ヤングバックスがエルガンを手錠で拘束→キャプテンとヨシタツをヤングバックスが一蹴→ハイフライヤーズが救出→結局オメガがラダーを登ろうとしたらエルガンが手錠を破壊 というたたみかける展開は、何度見ても面白い。2月の棚橋vsオメガもそうだけど、新日はこういうアメプロ的な組み立て方が非常に上手くなったなあ。
 エルガンがIWGP戴冠というハッピーエンドも含めて、結果的に棚橋が怪我を押して出るよりも盛り上がったのでは。とはいえ、この試合で一番偉かったのはラダーからの雪崩式ブレーンバスターを含め、ハードコアな技を受けきったオメガ。エルガンが他の選手相手にラダーマッチをやってもここまで面白くならないだろうし、今後のインターコンチはオメガを軸に回さざるを得ない気がする。

 続いてメインの内藤vsオカダ。1.4なんかだとセミでどれだけハードルが上がりきってもメインがしっかりそれを超えてくれていたのだが、今回は残念ながらそうはならず。何というか、内藤は最後まで「観客との戦い」に徹してしまって、余裕を見せ続けたままオカダに敗れてしまった感じ。内藤はグロリアもデスティーノも決め手いなかったので、最後のレインメーカー3連発も「3発目にカウンターのデスティーノを入れるんじゃないか?」と思いながら見ていたのだが・・・。とりあえずこうなると、内藤がG1制覇・来年のドームでオカダと再戦へ…というのが既定路線になってくるのかね。

 後、触れておかないといけないのが木谷オーナーの隣に座っていた青木真也。青木はツイッターなんかでも新日本を過剰に意識した、というか秋波を送るような発言を折に触れしていたし、木谷オーナーも一時グレイシーを引き込んだぐらいだから、異種格闘技路線への信仰というかコンプレックスが少なからずありそう。少なくとも青木と木谷オーナーとの間では利害が一致したということか。
 とはいえ東スポの木谷オーナーの発言をみると、現場の感覚とは溝がありそう。今の新日本に求められているのは「きっちり決められた仕事をこなせるレスラー」であって、青木が割り込む余地はないと思うんだけどなあ。
[PR]
by nugueira | 2016-06-23 23:50 | プロレス | Comments(0)