反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

クロフォードvsランディ

 エキサイトマッチでWBO世界スーパーライト級タイトルマッチ、テレンス・クロフォードvsヘンリー・ランディを視聴。

 1R、まず積極的に手数を出したのはランディ。大振りだがスピードのある連打を振り回し、左がクロフォードの顔面を繰り返し捉える。さらにクリーンヒットではないが右クロスも見せ、いい出だしを見せる。
 しかしクロフォードは慌てることなく2Rはジャブを刺しながら着実に組み立てて、ペースを立てなおす。3Rもサウスポーに構えたクロフォードが右ジャブから左クロス。ランディは1Rのような思い切った攻めができず、手数が減ってくる。
 4Rからランディもサウスポーに構えるが、やはり先手を取るのはクロフォード。そして迎えた5R、クロフォードの打ちおろしの左をもらったランディがガクリと腰を落としながら後退!すかさずロープに詰めてラッシュを仕掛けたクロフォードは、再度左ストレートを打ち込み吹き飛ばすようにダウンを奪う。なんとか立ち上がるランディだが、再開直後にクロフォードがコーナーに詰め再度連打を叩き込んだところでレフェリーがストップ。

 出だしこそランディの思い切りの良さに先手を取られたクロフォードだが、慌てることなく次のラウンドからペースを奪い返すと、勝負どころではきっちり仕留めにいきKO防衛。やっぱり強いわ、の一言。
[PR]
by nugueira | 2016-03-15 23:56 | ボクシング | Comments(0)