反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

UFN87の予想

 日本時間9日のロッテルダム大会の予想を。欧州大会は日本時間で微妙な時間帯になるのが辛い。

佐々木憂流迦×-○ウィル・ゲイツ
 スクランブル出場の憂流迦。前回も外国人相手にフィジカル負けしており、自分の勝ち方を見失っている感じ。日本人のリリースが相次いでいる中、憂流迦も今回負けたら完全にアウトだが…。

堀口恭司○-×ニール・シーリー
 堀口のATT移籍初戦。相手は上位ランカーではないが、米国修行の成果を見せる「試し斬り」と考えれば悪くないマッチメイクか。久しぶりのKOを期待。

アルバート・トメノフ○-×グンナー・ネルソン
 現在5連勝中のトメノフ。前回のラーキン戦はスタンド中心の攻防だったのでグラウンドに持ち込まれた時の対応力が未知数ではあるのだが、普通に打撃で圧倒しそう。

アントニオ・シウバ×-○ステファン・ストルーブ
 ともにここ4戦で1勝3敗。ヘビー級とはいえ敗者首切りマッチがセミに持ってこられちゃうのね。悪い意味で非常に予想が難しい試合だが、ペザォンは打たれ弱さが尋常でなくなってる。序盤で一撃KOしない限り厳しいのでは。

アリスター・オーフレイム○-×アンドレイ・アルロフスキー
 メインはアリスターの凱旋試合。前回は元王者のドス・サントスにKO勝利。ここで勝てばタイトル挑戦がグッと近づいてくる。アルロフスキーは前回ミオシッチに秒殺KOを食らっているが、打たれ弱さではオーフレイムもどっこいどっこい。意外と手堅い試合運びになって両者見合う時間帯の長い展開になりそう。
[PR]
by nugueira | 2016-05-05 22:40 | UFC | Comments(0)