反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

レスリングどんたく

 新日本プロレスワールドでレスリングどんたくを観戦。大爆発というわけでもないが、後半戦はどれも見応えがあった。

NEVER王座戦
柴田勝頼×-○永田裕志


 今回永田が勝たなきゃこれまでのストーリーが意味ないし、今後の展開も膨らまないだろう、と思っていたし実際その通りの結果になってくれたのだが、それでも勝った瞬間はグッと来た。最後の逆PKはシビれたなあ。野上アナならずとも絶叫ですよ。
 IWGPを10度防衛していた時よりも今日の永田の方が断然格好良かったわけで、プロレスっていうのはつくづく不思議な競技だというのを再確認。新日の傾向からすると大阪でリマッチになりそうだが、あっさり柴田が取り返したら嫌だなあ。

IWGP Jr.ヘビー級王座戦
KUSHIDA○-×獣神サンダー・ライガー


 序盤からライガーの左腕を蹴り上げダメージを蓄積させるKUSHIDAに対し、ライガーはヒザ攻めでペースを握ると場外で垂直落下式ブレーンバスター。これはエグかった。この後も互いのウィークポイントを攻め合う展開が続き、ライガーは最近あまり見せていないムーブも含め多彩な攻めで追い込んでいく。だが最後はKUSHIDAがホバーボードロックで王座防衛。
 飛んだり跳ねたりはないゴツゴツした試合展開だったが、これが今、この二人が見せたい試合だったんでしょう。終わった後のKUSHIDAのマイクも含めて、実にいい試合だった。でもライガーのIWGP挑戦はこれで最後にしておいていいと思うけど。これで本当に再挑戦したら「最終章詐欺」になるぞ。

後藤洋央紀×-○EVIL

 EVILのイス攻撃は何度見ても痛みが伝わってくる。お互い得意の真正面からのぶつかり合いを続け、最後はダークネス・フォールズ→EVILとたたみかけフィニッシュ。EVILは一人で試合を組み立てる印象があまりなかったんだけど、シングルでも十分やっていけそう。

オカダ・カズチカ○-×SANADA

 失礼ながらSANADAの試合を今回初めて見たのだが、いや動けるねえ。ドロップキックの打点の高さも、トップロープ越えのトペも説得力十分。フィニッシュホールドが絞め技だとどうしても展開がもっさりしがちなんだけど、この体勢から入れるの?という動きが多くて、終盤の攻防も目が離せなかった。
 最後はオカダがレインメーカーでフィニッシュしたが、評価を上げたのはSANADA(上げたというより新日ファンに認知させた、というのが正解か)。今年のG1は中邑やAJらの離脱で期せずして出場メンバーの入れ替えが激しくなるが、新鮮な顔合わせが増えて面白くなりそう。

IWGPヘビー級王座戦
内藤哲也○-×石井智宏

 石井が軸足への低空ドロップキック、回り込みながらのヒザ十字と今まで見せたことのないムーブを次々と披露。多彩なバリエーションで内藤のヒザを殺しにかかる。
 実況席が「常にオンの石井と、オン・オフの切り替えがはっきりしている内藤」と言っていたとおり、この2人は試合のリズムが正反対だし、現に序盤は「何か噛み合わないかなあ」という雰囲気がしていたのだが、石井も伊達に20年選手ではなかった。終盤のこれでもかという我慢比べも含めて、メインの仕事をきっちりこなしたか。
 内藤が勝利した後、まあ来るだろうと思っていたがオカダとの大阪城ホールでのリマッチが決定的なムードに。ここでオカダが勝つと結局これかよ、という感じになっちゃうので、内藤にはぜひ返り討ちにしてほしいところ。

 今年のBOSJは仙台が決勝。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2016-05-03 22:52 | プロレス | Comments(0)