反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

カネロvsカーンの予想

 日本時間8日のWBC世界ミドル級タイトルマッチの予想を。

サウル・カネロ・アルバレス○-×アミール・カーン
 何か今回も鉄板の試合で的中率を稼いでいる気がしてならないのだが、まあ見逃してください。
 ビッグネーム同士の対決なので要注目なのは間違いないのだが、やっぱり「なんでカーンがいきなりミドル級でタイトルマッチやるの?」という疑問に行きついてしまうマッチメイク(契約はキャッチウェイトなんだっけ)。カネロは前回の試合ではコットとのハイレベルな技術戦を制しているし、カーンのスピードに翻弄される展開はあまり想像できない。
 一方のカーンは体格差に加え、過去にKO負けも経験しているので打たれ弱さが心配。序盤から圧力をかけ続けパワープレーで主導権を握ったカネロが、8~10ラウンドあたりでKO、と今回は具体的な予想をさせてもらいます。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-05-04 13:23 x
この試合、何気に予想難しいですよ。

まずカネロですが、前戦はスコアほどの差があったとは思えませんし、これまでもキャッチウェイトを駆使したマッチメイクに、微妙な判定勝利に、といまいち実力を測りかねます。

対するカーンも、昔の攻撃性が鳴りを潜め判定勝利が続いており、パッとしない印象ではあります。
しかし、その分防御力が上がっているのかもしれません。

理想は、カネロにしっかりKO勝利してもらい、
気を良くしたカネロがゴロフキンとの統一戦を受ける、
そして完膚なきまでに叩きのめされる、
というのがいいですねw
Commented by nugueira at 2016-05-04 18:01
>みゆパパ様
 うーん、そう言われると急に不安になってきました。
 ただ、仰るとおりカネロがここで勝たないとゴロフキン戦の実現の目は完全になくなってしまうので、その意味でも快勝を期待してます。
by nugueira | 2016-05-01 23:18 | ボクシング | Comments(2)