反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ゴロフキン&ロマゴン

 WOWOWのボクシング中継の感想を。今日はニコ生のUFCやらファイトパスのパンクラスやらもあって、もう大忙し。さすがにabema TVのK-1は諦めました。

 まずWBC世界フライ級タイトルマッチ、ローマン・ゴンザレスvsマックウィリアムズ・アロヨ。1R、アロヨはがっちりガードを固めながらじりじりと圧力をかけ前進。ロマゴンはいつも通りの回転力のある連打で攻める。手数でロマゴンがラウンドを取った印象だが、アローヨもきっちり応戦。続く2Rもロマゴンが得意のノンストップ連打を繰り出すが、アローヨはロマゴンの打ち終わりを狙って反撃していく。
 だがロマゴンの回転力は止まることなく、逆にギアが上がる一方。針の穴を通すようにガードをすり抜けるフック・アッパーを打っていくと、さらにワンツーからボディ。アローヨは4Rに手数を増やしていくが、ここでシューズの底がはがれてしまう珍しいトラブル。
 アローヨもこれまでの挑戦者以上によく打ち返してはいるのだが、気づけばロマゴンのノンストップ連打に呑みこまれてしまういつものパターンに。これもいつもながらなのだが、上下左右をきれいに打ち分けてくるうえに無駄打ちがなく、着実にダメージを蓄積させていく。ロマゴンが圧倒したまま中盤戦を終えるが、8R開始前になぜかロマゴンにドクターチェックが入る不穏な空気。
 だが後半に入ってもそんなムードを一掃するかのようにロマゴンの攻勢が続く。右ストレートを繰り返し叩き込んでいくと、そこからボディを打ち込みアローヨの身体がくの字に曲がる。最終ラウンドはボディを効かされたアローヨがふらふらの状態となり立っているのがやっとのような状態だったが、なんとか持ちこたえ試合終了のゴング。ロマゴンの連続KOは10で止まったが、一人はフルマークをつける圧勝で盤石の強さを見せつけた。アローヨはロマゴン相手に12R立ち続けただけで偉業と言っていいし、実際前半はよく戦えていた。と言ってもジャッジ三者合わせて2ポイント取るのがやっとだったわけだが。
 試合後のロマゴンは階級を上げるのか?との問いに「まだこの階級でやることがある」と返答。井上との対戦はまだお預けか。

 続いてメインは3団体統一ミドル級タイトルマッチ、ゲンナジー・ゴロフキンvsドミニク・ウェイド。
 同身長ながらリーチで上回るウェイドだが、ゴロフキンは苦も無く懐に入りジャブを突き刺すと、そこから返しの右、さらにはボディをヒット。1R終盤にゴロフキンの右フックがテンプルをかすり、ウェイドがダウン。早くも勝負ありの雰囲気に。
 ゴロフキンがこの好機を逃すはずもなく、2R開始早々に右クロスでウェイドをグラつかせると、猛然と連打。不用意にウェイドのパンチをもらう場面もあったが、左アッパーを打ち込んで2度目のダウンを奪うと、最後は右フック一撃。吹き飛ばされるようにダウンしたウェイドはそのまま10カウントを聞き、これで世界戦16連続KO防衛。
 何かもう、同じ生物種同士の戦いなのか?と思えてくるほどの強さ。カネロがカーン戦をクリアしたら年内にゴロフキン戦という話だけど、カネロが本当に受けるのかね。リスクが無闇に大きい一方で旨味はあまりないと思うのだが。

 他の観戦記は明日以降。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-04-25 10:12 x
昨日のロマゴンを見ていて思ったことは、
もしかしてSフライあたりで階級の壁にブチ当たるのでは、
ということでした。
おそらくエストラーダとの再戦の後転級かと思われますので、井上とのスーパーファイトは来年ではないでしょうか。
その前に井上のほうがSフライがきつくなったりするのでは、というのが一番の心配ですね。
実はロマゴンサイドが井上を危険と見て回避の方向だったりして。

ゴロフキンのアメリカでの人気がかなり上がっていますので、カネロサイドとしてもビジネス上の旨みはそこそこあるのではと思いますが、
カネロの商品価値が大きく下がってしまうでしょうから、どちらとも言えませんかね。
どちらにしても、カネロは回避すると思いますね。
キャッチウェイトキャッチウェイトうるさいですw
Commented by nugueira at 2016-05-04 17:52
>みゆパパ様
 フライに上げた当初もこれまでほど倒せなくなっているかな、という印象はあったんですよね。この軽量級メガマッチはぜひ実現してほしいのですが。
by nugueira | 2016-04-24 20:03 | ボクシング | Comments(2)