反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 WORLD GP の予想(トーナメント編)

 24日のK-1、まずは-60kgトーナメントの予想を。

山本真弘×-○大雅
 勝負論という意味でトーナメント中、最注目のカード。過去幾多のトーナメントを制してきた60キロ級の第一人者・真弘だが、さすがに年齢による衰えは隠せない。大雅が一気に世代交代を達成してしまうか。大雅もフィジカル面でアジャストできているのか不安は残るが、真弘が勢いの飲まれてしまうのではないかと予想。

レオナ・ペタス○-×闘士
島野浩太朗×-○明戸仁志

 この辺は最近の試合映像を見れていないので、直近の結果なんかを踏まえつつ予想。こういうのが大怪我のもとになるんだよ!もはや誰に対して怒っているのかよく分からないが。

卜部功也○-×皇治
 ビッグマウスの皇治が元王者・功也と一回戦で激突という、まあ旬を逃さないマッチメイク。功也はここであっさり金星を許しちゃ駄目だろう。

大雅×-○ペタス
明戸×-○功也

 ペタスは昨年大雅に勝ってるんだったっけ。大雅は1日2試合目になるとやはりフィジカル面でキツくなってくるのでは。功也はまあ順当にということで。

ペタス×-○功也
 そんなわけでトーナメントは功也が優勝、再び世界獲りへの狼煙を上げる・・・という予想。というか大半の人間がこういう予想だと思うが。果たして順当に行くのか。大波乱が起きたらそれはそれで面白い。
[PR]
by nugueira | 2016-04-21 23:34 | K-1 | Comments(0)