反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

パッキャオ有終の美。伝説がまた一つ終幕を迎える。

 マニー・パッキャオvsティモシー・ブラッドリーをWOWOWで観戦。

 1R、圧力をかけて前に出るのはパッキャオ。踏み込んでパンチを入れようとするがブラッドリーはかわしてカウンターを合わせようとする。両者有効打はないが手数でブラッドリー。パッキャオはプレッシャーが少し弱いか。
 2R、ブラッドリーが飛び込んできたところにパッキャオがカウンターを狙えば、ブラッドリーもパッキャオが踏み込んできたところにカウンターを繰り出す。両者積極性が増していき、一気にヒリヒリした空気が漂ってくる。
 スピード合戦の展開になってくるとブラッドリーの方に余裕があるか・・・と思いきや、ここからギアを上げてきたのはパッキャオ。3Rから上体の動き・踏み込みのリズムともに良くなり、クリーンヒットではないもののガード越しにブラッドリーを捉える場面が増えてくる。ブラッドリーは引き続きカウンター狙いで実際に時おりヒットはするだが、それをお構いなしにガンガン打ちこんでくるパッキャオの前に、受けに回る時間帯が増えてしまう。
 6Rはブラッドリーがリズムを変えるため自ら前に出て打っていくと、逆にパッキャオがカウンター。パッキャオの好調ぶりが目立つ形で前半戦を終えると、7R終盤にはパッキャオが踏み込みから左右フックを振り回すと、バランスを崩すように両手をついたブラッドリーにダウンが宣告される。ブラッドリーにとってはもったいない失点だが、やはりパッキャオの圧力に呑まれてしまっているか。
 尻に火が付いたブラッドリーは8Rに再び自ら攻めに転じると、ロープ際に詰めて猛ラッシュ。決定打こそないものの、ようやく試合の流れを引き戻す。続く9Rも前半はブラッドリーが攻めるものの、パッキャオは右を入れてブラッドリーを下がらせてから、飛び込んでの連打。これをかわしたブラッドリーにさらに左のショートフックを打ち込み、ブラッドリーは一回転するようにダウン!パッキャオが試合を決定づける2度目のダウンを奪う。
 10R以降はパッキャオが一発を狙い過ぎたこともあり手数が抑え目になり、ブラッドリーにこれ以上の決定打は入れられないまま試合終了。それでも三者とも116-110という大差をつけ、ラストマッチを勝利で飾った。

 今回の試合についてはパッキャオお見事、の一言。ラストマッチにして、ここ何年かでは最高のパフォーマンスを見せてくれた。年齢と過去2戦の展開を考えるとブラッドリーを捉えるのは難しいと思っていたが、逆に2度のダウンを奪いこれまでの接戦を帳消しにする完勝劇。特に3~9Rは全盛期に近い動きができていたのではないか。
 ボクサーの引退ほどあてにならないものはないが、これだけきれいに「有終の美」となるラストマッチはそうそうないはず。これで見納めにしておくのがパッキャオ本人にとっても、ファンにとっても幸せだろう。アジア人初の6階級制覇という記録以上に鮮烈な記憶をファンに残し続けた英雄は、リングを去る。ボクシングの一つの伝説が、ここに幕を閉じた。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-04-12 12:01 x
私はやはりパッキャオへの思い入れがありすぎるため、
引退してほしくない気持ちのほうが大きいです。

ましてや今回の動きを見てしまうと、なおさらこのまま引退するのがもったいないと感じてしまいます。

いっそのこと、昔のように5月の選挙で落選してくれればいいんですがw
Commented by ユウツギ at 2016-04-13 16:43 x
ヌゲイラさん大変です!ついに井上尚弥が、パッキャオが抜けた代わりに、PFPにランクインしました!
ちなみに、ブラッドリーも外れています。
Commented by みゆパパ at 2016-04-15 09:13 x
>ユウツギさん

vsロマゴンの機運も高まってくれるといいですね。

それにしても10位ランクインのケル・ブルックも意外でしたw
ヘビー級ファイターが1人もランクインしてませんね。
Commented by nugueira at 2016-04-17 07:20
>みゆパパ様、ユウツギ様
 パッキャオは現役続行しても今回ほどのパフォーマンスが見れるか、という不安があるのでやはり引き際としてはいいタイミングかと。
 井上vsロマゴン、これはもう待ったなしですね。
by nugueira | 2016-04-10 23:55 | ボクシング | Comments(4)