反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFN85の感想

 ファイトパスで見たメイン・セミの感想を。

ニール・マグニ―○-×ヘクター・ロンバード(3R TKO)
 ドーピングからの出場停止明けだが、特に体が萎んだ印象はないロンバード。これまで同様ドッシリ構えて圧力をかけると、パンチを効かせマグニーがダウン!ロンバードはここから上のポジションで固めて、パウンドの嵐。残り1分でなんとかスタンドに戻したマグニーは細かいパンチや組んでのヒザで反撃。ロンバードはガス欠が心配。
 案の定というべきか2Rに入ると全く動けなくなったロンバードに、マグニーはパンチとヒザで攻勢。だがロンバードはパンチを入れダウンを奪取!一発で流れを変えたかと思えたが、ここでなぜかアキレス狙い。上を奪い返したマグニーは、マウントからロンバードがスイープを狙ったタイミングで三角絞め、さらに三角十字。何とか凌いだロンバードだが、マグニーは再度マウントを奪うとパウンドのラッシュ。ラウンド終盤はうつ伏せになったロンバードが殴られ続けるだけだったが、なぜかレフェリーが止めず2R終了。
 だがロンバードに反撃の余力は当然残っておらず、3R開始早々パンチをもらい続けてからあっさりテイクダウン。マグニーが再びマウントから殴り続けたところでようやくレフェリーストップ。ロンバードの分かりやすすぎるガス欠による大逆転劇だったが、レフェリーの判断の遅さがあまりにひどく、後味の悪さしか残らなかった。

マーク・ハント○-×フランク・ミア(1R KO)
 ジリジリ圧力をかけながら踏み込んでアッパーを振るうハント。ミアがタックルに行くが、ハントが簡単に切る。この後もハントはプレッシャーをかけつつ右フックを振るい、ミアが組み付いても突き放す。迎えたラウンド中盤、ハントの打ちおろしの右ストレートがヒット!仰向けに倒れたミアを確認したハントは追撃の素振りすら見せず背中を向け、レフェリーもストップ。
 フィニッシュシーンは格好良すぎ。タイトル戦線に絡むのは正直難しいハントだが、こういうレジェンド枠の試合ではきっちりKOを見せてくれる。プロモーター的にはありがたい選手だなあ。

 中井りん、やっぱり負けた。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-03-22 08:51 x
あのレフェリーが2R止めなかった理由とか、どこかでコメントしたりしてないですかね。
本当に本人の口から直接聞いてみたいものです。

ほぼ対戦が一巡しているヘビーでは幻想は生まれにくいはずなのに、ハントにはその幻想を抱いてしまうんですよね。
全く持って不思議な選手ですよ。

中井いんは、はっきり言ってUFCで戦うレベルに達していないという感想しか持てません。
契約終了らしいので、もう見ることはないと思いますが。
Commented by nugueira at 2016-03-27 23:10
>みゆパパ様
 ハーブ・ディーンや島田以上にひどいレフェリーもまだまだいるのか…と変な意味で感心すらしてしまいました。
 中井はこうなった原因がポテンシャル以前の練習環境や取り巻きにあることがはっきりしているのが、何とも残念です。
by nugueira | 2016-03-20 20:29 | UFC | Comments(2)