反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

マグレガーvsネイト

 ハファエル・ドス・アンジョスがUFC196を負傷欠場。代打としてネイト・ディアスが出場し、ウェルター級契約でマグレガーと対戦することが決定。

 昨夜RDA欠場を知った瞬間「あちゃー!代役はセローニかネイトかな」と思ったので予想としては当たったのだが、まさかウェルター級で戦うとは。てっきりライト級暫定王座戦になるのかと思っていた。

 マグレガーの決断は男を上げすぎなぐらい格好いいけど、ライト級に上げていきなり王者と対戦すること自体十分すぎるほどリスキーだったのが、飛び級でウェルター級に挑戦。体重でいえば前回より12キロ上げて試合することになるわけで、さすがにこれは無茶すぎるだろ。負けてもさほど傷がつかない状況を作った、とも言えるが。

 とはいえ、ネイトも大会まで2週間を切ってからのスクランブル出場。無理な減量はせずに済んだとはいえ、コンディションをどこまで仕上げられるかは未知数。オッズはマグレガーがフェイバリットになっているけど、確かに昨年のメンデス戦を見ているだけに「マグレガーならやってくれちゃうのでは」という考えがどうしても頭に浮かんでしまう。触れるものを全て黄金に変えてきたオクタゴンのゴールデンボーイは、今回も結果で全てをねじ伏せてしまうのか?ベルトは懸からなくなったものの、やはりマグレガーが闘う以上は目を離せない。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-02-25 10:17 x
RDAと対峙したときのマクレガーは、RDAより大きかったので、ウェルター契約といえどもネイトに体格のアドバンテージがあるとは言えないなぁ、と思っていたのですが。
wikiだと、身長差8cm、リーチ差5cmあるんですね。
確かにこの対戦は興味深い。
前日計量からして絶対楽しそうですよねw
Commented by nugueira at 2016-03-06 20:11
>みゆパパ様
 レスが遅れているうちに試合後になってしまいましたが、いや凄い試合でした。ネイトは一気にギャラと自分の商品価値を引き上げましたね。
by nugueira | 2016-02-24 23:49 | UFC | Comments(2)