反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ワイルダーvsデュオパ

 エキサイトマッチでWBC世界ヘビー級タイトルマッチ、デオンテイ・ワイルダーvsヨハン・デュオパを観戦。

 1R、ガードを固めて距離を詰めるデュオパが飛び込みながら右をヒット!ワイルダーはのけぞるが、この後は下がりながら細かいジャブを出し続け、さらにワンツー。デュオパが距離を詰めてくるとアッパーも見せる。2Rもがっちりガードを固めるデュオパに、ワイルダーはボディから打ちおろしの右。徐々にワイルダーの手数が増え、ペースを握ってきた印象。
 3Rは序盤はデュオパが鋭いジャブを入れるものの、ワイルダーは打ちおろしの右をヒット。ラウンド終盤はワイルダーが手数を増やし、デュオパはディフェンス一辺倒の展開を強いられる。4R、ワイルダーは左ボディから右ストレート。デュオパも右クロスを入れるが、一発の威力に差があるか。
 5R、デュオパはジャブを入れていくが、ワイルダーはボディから左右のアッパー連打を入れると、デュオパのクリンチを振りほどきながらショートを連打。デュオパは苦しくなってくる。
 6R以降もワイルダーは打ちおろしの右から距離を詰めて左右のショートアッパー、という組み立てで攻勢。苦しいデュオパだが、タフさを見せダウンはしない。9Rにはワイルダーの大振りの左右フックをダッキングでかわしたデュオパが左フック。だがダメージの蓄積で反撃の余力は残っていないか。
 後半はややペースダウンし攻めあぐねていた感じのワイルダーだが、10Rにノーガードで挑発した後、左右アッパーの連打で猛攻。再びデュオパを追い込む。続く11R、ワイルダーは得意の右をヒットさせてから強烈な左右アッパーを連打!たまらずレフェリーが割って入り、KOで2度目の防衛に成功。

 相変わらずディフェンスは粗いのだが、「攻撃は最大の防御」を地で行く内容で完勝。粗いなりに自分の勝ち方を固めているし、最後にKOを取れるのも強み。難病の娘の治療費を稼ぐためにプロボクサーになったという背景も含めて、アメリカでの人気は上がっていくだろうな。
[PR]
by nugueira | 2015-10-21 23:15 | ボクシング | Comments(0)