反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFN82の感想

マイク・パイル○-×ショーン・スペンサー(3R TKO)
 スペンサーが細かいジャブを刺しつつ、右のオーバーハンドをヒットさせパイルがダウン。2Rにはパイルのパンチを効かされたスペンサーが後退する場面もあったものの、スペンサーがすぐさま反撃。
 流れは完全にスペンサーのまま試合は3Rへ。スペンサーの右をもらったパイルが棒立ちになる場面もあり、もはや勝負ありか・・・と思いきや、パイルがテイクダウンからギロチン。さらにスタンドに戻ったところでバックスピンエルボーをヒット!一撃で足元がふらついたスペンサーにヒザ・ヒジの連打を叩き込み、残り30秒でレフェリーがストップ。パイルがまさかの大逆転勝利。

ミーシャ・サークノフ○-×アレックス・ニコルソン(2R ネッククランク)
 サークノフは背筋が発達し岩のような体格。序盤からパンチで圧力をかけていくと、ニコルソンの回転系の打撃もタイミングを読むようになり、タックルからテイクダウンを奪っていく。2Rもサークノフが序盤にたやすくテイクダウンを奪うと、バックから腕を回しネッククランク。ニコルソンのアゴを外さんばかりの怪力を見せ一本勝ち。
 粗さも目立つが、UFCにもロシア旋風が押し寄せてきたか。ニコルソンの前日計量でのプロポーズは分かり易すぎる死亡フラグだった。

ジョセフ・ベナビデス○-×ザック・マコウスキー(判定)
 マコウスキーがいきなりダブルレッグからテイクダウンを奪うが、ベナビデスはすぐさま立ち上がるとパンチの手数で攻勢。ボディを着実に効かせていく。
 マコウスキーはレスリング力ならベナビデスと互角以上で繰り返しテイクダウンは奪うのだが、すぐにリカバリーされてしまいその後が続かない。結局3Rまで有効打の数で圧倒し続けたベナビデスが完勝し、これで6連勝。さすがにそろそろDJとの3度目の対戦も見えてきたか。と思ったらDJ対セフードが決まったのね。

オヴァンス・サンプレー○-×ハファエル・フェイジャオン(判定)
 1Rにローを放ったサンプレーがいきなり足を引きずりだすアクシデント。だがフェイジャオンもローをたまに出す程度で目立った攻撃を見せず、逆にラウンド終盤にサンプレーがパンチラッシュからテイクダウン。
 2R以降もフェイジャオンは全く攻める様子が見られず、サンプレーがパウンドで攻勢。3R序盤はフェイジャオンがようやくパンチ連打で攻め込むが、すぐさま押し返したサンプレーがテイクダウンを奪うと、上からパウンドで削り続けて試合終了。
 とりあえず怪我人相手にまともに攻め込まないフェイジャオンは何なのか。もうさっさとクビにしてしまえ。

ロイ・ネルソン○-×ジャレッド・ロショルト(判定)
 1Rからジリジリ圧力をかけるネルソン。時おり必殺の右フックを出すがこれはロショルトがかわす。ロショルトはラウンド後半に飛び込んでのパンチ連打。ネルソンはプレッシャーはかけ続けているがなかなかパンチが入らない。
 2Rも前に出るネルソン、サークリングで逃げるロショルトという展開。ロショルトはネルソンの一発はもらわないものの自分も攻め込めず、2R終了時点で相当消耗した様子。3Rにようやくロショルトがタックルに行くが、ここはネルソンが凌ぐ。結局両者決定打はなかったが、前に出続けたネルソンが判定勝利で連敗を止めた。

ジョニー・ヘンドリックス×-○スティーブン・トンプソン(1R KO)
 開始早々ジョニヘンが右を打ちこんでから組み付きテイクダウン。いつもの必勝パターンか・・・と思いきや、ここから立ち上がったトンプソンはサイドキックを顔面へ打ち込むと、ハイ、パンチを次々と繰り出し手数で圧倒。踏み込んできたジョニヘンに打ちおろしの右を入れると、効かされたジョニヘンがケージ際へ後退!すぐさまラッシュを仕掛けるトンプソン。蹴りがローブロー気味になるがレフェリーはこれを流し、最後はトンプソンが後ろ回し蹴りからパンチ連打を入れたところでジョニヘンが崩れ落ち試合終了。
 セミまでは「カードの薄さに試合内容が追い討ちをかける」という最悪の状況だったのだが、メインにとんでもないのが来ちゃったなあ。ジョニヘンはいつもの圧力がなかったし身体つきにもパワーが感じられなかったが、やはり減量苦か。一気に大物食いを果たしたトンプソンはこれでウェルター級最注目の存在に。それこそUFC200でローラーとの対戦もあり得るのでは?
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-02-08 09:06 x
王座陥落や王座挑戦失敗の選手が、
その後ズルズルと世代交代の波に飲み込まれていく、
という毎年見られる光景ですが、
ジョニヘンもそうなっていきそうですねぇ。

あの身長じゃミドル級じゃやっていけないでしょうしね。
どの階級にもいますが、下位選手の上位食い込みへの門番的存在になっていきそうです。

ローラー×トンプソンはバチバチの展開が期待できますね!
Commented by オルロフスキー at 2016-02-08 17:38 x
メインまではどうにも酷すぎる試合が多かったので何だかベナビデスがしみじみと良い選手に見えました
フライ級も何かのきっかけで盛り上がればいいんですけどね……

メインはとにかくすごいものを見せてもらいました
柔術、レスリングを経て時代は空手なのか?
現代の空手バカ二代、親子鷹の挑戦から目が離せません
Commented by nugueira at 2016-02-17 00:26
>みゆパパ様
 ジョニヘンがこのタイミングでこの相手に負けるとは全く思わなかったのですが、このままズルズル行ってもおかしくないですねえ。

>オルロフスキー様
 いや、これで空手幻想再爆発ですよ。フライ級は派手さに欠けるのが致命的なんですよね。
by nugueira | 2016-02-07 23:38 | UFC | Comments(3)