反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

RIZIN~SARABAの宴~の感想③

HIROYA○-×西浦“ウィッキー”聡生(3R KO)
 HIROYAはサンドストーム→K-1MAXのテーマ→K-1のテーマのメドレーで入場。長げえよ。
 インローを着実に入れていくHIROYAだが、ウィッキーのノーモーションのパンチも結構当たる。2Rに入ると徐々にローを効かされたウィッキーの手数が減り出し、HIROYAのペースではあるが判定まで行くか・・・と思った3R、開始と同時にHIROYAが右フックを効かせ猛攻。フックの相打ちでダブルダウン気味のダウンを奪うと、ダメージの残るウィッキーに再度右フックを打ち込みKO。地上波かつMMAの刺客を迎え撃つシチュエーションで、きっちり結果を出した。

宮田和幸×-○日菜太(1R TKO)
 向かい合うとけっこう体格差のある両者。開始と同時に日菜太が左ミドル・ローの連打から左ストレートへとつなげる猛攻で瞬く間にダウンを重ねていく。宮田も自ら前に出て一発を狙うものの日菜太が隙なく攻め続け、3ダウンを奪いTKO勝利。鬼の強さではあったが「勝つべき相手に勝った」という感じで、インパクト的にはやや微妙な感じ。とはいえ「インパクト残したけりゃMMAやれ」というのも可哀想だしなあ。

A.J.マシューズ×-○アナトリー・トコフ(1R KO)
 ジリジリ圧力をかけながらパンチ連打を繰り出すトコフが、ロープ際で左右連打を打ち込み秒殺KO。やっぱりあれだな、プーチンとは仲良くしておいた方がいいな。

所英男○-×才賀紀左衛門(1R 腕十字)
 序盤は所のタックルを切り続けた才賀が打撃で所をヒヤリとさせる場面もあったが、所が組み付いてテイクダウン。それでも才賀は所の寝技を凌いでスイープ、さらにスタンドへ戻してみせる。この後も所がスライディングからの足関節狙いなどトリッキーな動きを混ぜてしつこくグラウンドで攻め続けると、最後はバックを奪った状態から才賀が体を入れ替えたところで腕十字に切り替え、鮮やかな一本勝ち。終始動きの多い、所らしい試合だった。一方の才賀もMMA3戦目とは思えない大健闘。まだまだ伸び代はあるだろうから、今後に期待が持てそう。あびる優の絶叫はウザかったが。
 勝利後のリング上で所は「この勝利を4年前亡くなった宮下トモヤさんに捧げます。遅くなって本当にすみません」とマイク。泣かせるんじゃねえこのヤロー!どこまで格好良ければ気が済むんだ!

高谷裕之○-×DJ.taiki(判定)
 細かいスイッチと回転技のフェイントを繰り返しながら打撃のタイミングを探るDJ。対する高谷はどっしり構えながら要所要所で思い打撃を入れていく。やはりDJはフィジカル差がきついか。
 2R前半はDJがミドルとパンチの連打を入れいいペースで進めていたのだが、ラウンド中盤に高谷の一発でグラつき形勢逆転。ラウンド終盤にはテイクダウンも奪われる。
 3R、後がないDJは近距離での打ち合いへ。互いにパンチを効かせ合いながら足を止めての打撃戦となり、場内が沸きかえる。だが残り2分のところで高谷がテイクダウン。元ヤンキーとは思えない堅実な戦いぶり。
 結局、高谷がリードを維持して逃げ切り判定勝利。DJは廣田戦に続いてフィジカル差に屈した印象で、次はバンタム級での試合を組ませてあげたい。

内田雄大×-○ワレンディン・モルダフスキー(1R チョークスリーパー)
 モルダフスキーが豪快な投げからのテイクダウンとパウンドでMMA初戦の内田を圧倒すると、最後はバックマウントからのチョークで一本。日露戦争、よく日本が勝てたなと今さらながら思った。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2016-01-11 17:16 x
トーナメントを除けば、
MMAでは所×才賀が唯一真っ当な対戦て感じで、
試合そのものも本格的で観てて楽しめました。

あとは武尊の試合くらいでしょうか、面白かったのは。
他はあまりにミスマッチで、特に31日のギャビからバルトまでの流れには失笑しかありませんでした。

今回はお茶の間へのアピール重視だったのは仕方ないと思います。
トーナメント出場選手など、本格派もまだまだいそうなので、エキサイティングな試合で勝負してほしいものです。
Commented by nugueira at 2016-01-17 21:25
>みゆパパ様
 特に29日は、カードごとのムラはあれど総じて楽しめたかな、という印象です。かつてのPRIDEの空気を堪能できました。
by nugueira | 2016-01-10 23:57 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)