反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

UFCの逆襲

 BJペンがUFCに電撃復帰
 まあこのままK-1と付き会い続けて、年2試合程度(しかもヌルイ相手と)しかやってくれない状態が続くよりは、UFCにカムバックしてくれる方が格闘技ファン的にも大歓迎。
 それにしても訴訟まで行ってたのにこんなあっさり和解できちゃうんだ。ということは日テレもいずれは態度を軟化させてまた大晦日に(以下略)。

 そうこうしている内に、移籍確実と見られていたティト・オーティズが「TUF」のコーチとして事実上これまたUFCと復縁。つい先月ぐらいまで「K-1とPRIDEを両天秤にかけているらしい」とかいう話だったのに。

 選手とプロモーターが離縁する原因なんて突き詰めればギャラの話に尽きるわけだから、今回の相次ぐ復帰劇はUFCがテレビマネーをバックに急速に財政力を上げている証明なんだろうね。やっぱり日米を問わず地上波の力ってすごいんだな。

 この分だとじきにPRIDE・K-1からUFCに移籍するこれまでと逆パターンも出てくるかも。現にランペイジにはオファーあったらしいし。PRIDEも全米進出は諦めて国内の市場固めに徹した方がいいかもね。

 頼むから日本大会開いてくれ。人気blogランキングへ
[PR]
Commented by ヒデ at 2005-11-28 12:30 x
選手の取り合いだけは勘弁してほしいですね!UFCも面子が変わらないのアメリカ人は飽きないですかね?特にウェルター、ミドルは差がありすぎるしライトは今だに空位なんで、逆に心配してしまいます!
Commented by nugueira at 2005-11-29 01:44
>ヒデ様
 リデルVSランディの「半強制的名勝負数え歌」が象徴するように、意外に各階級とも層が薄いんですよね。なんでこいつがタイトルマッチに挑戦?というケースもあるし。まあだからこそ「TUF」出身組がこれから食い込む余地があるのでしょうけれど。
by nugueira | 2005-11-28 01:29 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)