反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

八重樫快勝、井上激勝!

 録画視聴したボクシングダブル世界戦の感想。まずIBF世界ライト・フライ級タイトルマッチ、ハビエル・メンドサvs八重樫東。
 1Rから積極的に出る八重樫。右ストレート・右ボディ・左ボディを次々と打ち込み、メンドサのパンチは上手く距離を外していく。
 2R、メンドサは左ボディを繰り返し出していくが、八重樫は距離を外しつつ右アッパー。ラウンド終了間際に右ストレートを立て続けに叩き込み、一瞬動きの止まったメンドサに連打を入れる。メンドサはひるむことなく3Rも前に出続けるが、八重樫は左フック・左ボディ・右ストレート。2分過ぎには右フック連打を叩き付け、メンドサは効いている様子。4Rは両者ボディの削り合いとなるが、八重樫はしっかりボディを効かせて顔面へつなげるコンビネーション。
 5Rも八重樫はボディを突き刺してメンドサを下がらせると、左右のフック。メンドサは八重樫の出入りの速さにまったくついていけない。6Rはメンドサが再び圧力を強め近距離の打ち合い。メンドサが左フックを入れれば八重樫は右ストレートを入れ返し、終了間際に右フックでメンドサをぐらつかせる。
 7Rは序盤にメンドサが八重樫をロープ際へ詰めてラッシュ。ヒヤリとさせられるが、ここを凌いだ八重樫は右ストレートを着実に突き刺してメンドサの顔面を跳ね上げる。8R、八重樫は自ら前に出て攻勢。メンドサもうるさく手数を出し続けるが、終盤に八重樫のワンツーがヒット。
 9R、八重樫のワンツーが次々とメンドサの顔面を捉える。メンドサは八重樫を追う足が残っておらず、八重樫はノーガードで挑発。10R終盤には八重樫のワンツーをもらったメンドサが一瞬棒立ちになる。
 終盤の11R、八重樫は早い出入りから右ストレートを連続して叩き込むと、終盤は近距離での打ち合いからメンドサを追い込んでいく。メンドサはクリンチでなんとか凌ぐ状態。最終ラウンド、八重樫は序盤と変わらぬ軽快なフットワークで翻弄すると、半ばグロッキー状態のメンドサにラッシュ。レフェリーストップが入ってもおかしくない状態までメンドサを追い込み、試合終了のゴング。ジャッジ一者はフルマークをつける大差の判定で、八重樫が3階級制覇を達成。

 昨年末のKO負けの時点で八重樫が世界タイトル戦線に戻ることはもう無理なのでは、と思っていたが、きっちりライトフライ級にアジャストし1年越しに悲願を達成。メンドサもタフさとしつこさを持つ決して楽でない相手だったが、終始スピードと距離感で優位に立ち圧倒した。ポイントで大差をつけているのが明白だった終盤でも攻め続けた点を含め、おみそれしましたというしかない内容。というか冒頭のVで紹介されていた息子の手紙の時点から涙腺崩壊しっぱなしでした。パパ、格好いいぞ!

 続いてWBO世界スーパ ー・フライ級タイトルマッチ、井上尚弥vsワルリト・パレナス。
 井上は開始と同時にワンツーから左アッパー!パレナスはひるむことなく前に出てボディを起点にパンチを振るっていく。井上がキレ・スピードとも満点のワンツースリーを繰り出すが、パレナスはがっちりガードを固めて目立った有効打は許さず1R終了。
 2R、井上が強烈なワンツー。パレナスはガードしていたはずなのにフラフラとロープ際へ下がり、井上の追撃の右で弾き飛ばされたようにダウン。立ち上がるものの明らかに足元がおぼつかないパレナスに井上は猛然と襲い掛かり、ロープに詰めての連打で2度目のダウン。パレナスはそのまま立ち上がれず、レフェリーがストップ。
 結果は知ってから映像を見たのだが、それでも最初のダウンシーンの時はテレビの前で「何これ!?」と声に出してしまった。パレナスはダンプカーか何かに無謀な勝負を挑んでしまった人のような倒れ方で、軽量級、しかも日本人がこんな勝ち方をすることがにわかに信じられない。1年ぶりのリングだったが、モンスターの破壊力には微塵も衰えなし。井上の次戦が楽しみで仕方がない。

 今回は香川照之いなかったのね。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-12-30 21:13 x
冒頭から記事と関係ありませんが、ブログランキング1位おめでとうございます!

RIZINはスカパーPPVを録画しながらの追っかけ再生で視聴していたのですが、ボクシング中継開始と同時に、ボクシングのほうを先に観ることにしました。
ボクシング中継後、RIZINに戻ったのですが、
正直な話、ボクシングの衝撃が残ってしまっていて、RIZINに集中することができませんでした。

今年ロマゴンの強さを見せつけられるにつれ、井上でも勝てないだろうと考えさせられていましたが、
いやいや、井上なら圧倒するのではと思わせてくれる内容でした。
2016年この2人の拳が交わることになるのかどうか、
私個人的には、メイ×パッキャオどころじゃない期待感を抱かせてくれる夢カードです。
Commented by nugueira at 2015-12-31 10:44
>みゆパパ様
 RIZINのおかげでアクセス数は近年にない伸びを見せてくれてます。
 ロマゴンには普通の人間は勝てっこないと思っていましたが、そもそも井上は普通の人間じゃないんだ、ということを改めて確認させられました。この二人の対戦を実現するのは現代ボクシング界の義務ですね。
Commented by bk201 at 2015-12-31 11:50 x
軽量級のパンチがガードの上から効くということを初めて知りました(笑)
それこそ本当にロマゴンに匹敵するようなパワーを持っているのでは…
Commented by nugueira at 2016-01-01 14:59
>bk201様
 コメントありがとうございます。いや、私もスーパーフライ級でこんな光景が見られるとは思いませんでした。井上に拳の怪我が多いのも納得です。
by nugueira | 2015-12-30 19:29 | ボクシング | Comments(4)