反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

絶対王者、相次ぐ陥落!怒涛のUFC194、二大タイトルマッチ!

 UFC194、もうセミとメインで見てるこっちが完全燃焼。感想を。

クリス・ワイドマン×-○ルーク・ロックホールド(4R TKO)
 1R、ワイドマンは組み付いてバックを取るとそのままおぶさりながらロックホールドの顔面へパンチ。ロックホールドは前へ落として逃れるが、この後もワイドマンはしつこくテイクダウンを奪い続け上をキープ。ロックホールドは下からギロチンに入るが極まる体勢ではなく、ブレイクでスタンドへ。ラウンド終盤にはロックホールドのミドルがヒット。やはりレスリング力で上回るワイドマンがどっしり戦っているか。
 続く2Rは、ロックホールドが開始早々右フックをヒット。この後も左ミドルを繰り返しヒットさせ、ワイドマンに組み付かれてもテイクダウンされる前に振りほどきスタンドで戦い続ける。打撃戦でペースを握られ動きが悪いワイドマンだが、ラウンド後半は自ら圧力を強め、パンチやミドルをヒット。ロックホールドは笑ってごまかしたが終盤やや効かされた様子。
 ポイントはイーブンにしたロックホールドだが消耗も激しい様子で、3Rはワイドマンが打撃を交えながらタックルに行き久しぶりのテイクダウン。ロックホールドは頼みのスタンドでも徐々に押され気味になり、試合の流れはワイドマンか・・・という雰囲気だったラウンド中盤、ワイドマンが後ろ回し蹴りを空振りしたところにロックホールドが組み付きバックを奪うと、反転したワイドマンからマウントを奪いパウンド・肘の連打。ワイドマンはガードを固めるだけの状態で殴られ続け、ロックホールドが一気にペースを奪い返してラウンド終了。というよりレフェリーがハーブ・ディーンでなければとっくに止められていた。
 4Rもダメージの残るワイドマンは、ケージ際に詰められると簡単にテイクダウンを許してしまう。一度はガードに戻すワイドマンだがスタンドに戻す余力はなく、最後はロックホールドがハーフガードからパウンドの連打を落とし続けたところでようやくレフェリーがストップ。ロックホールドがワイドマンにMMA初黒星をつけミドル級王者に。
 正直、こっちのタイトルマッチはワイドマン勝利で鉄板だろうと思っていたのだが。一度は自分の勝ちパターンにはめこみかけていたのに、バックスピンキックの空振りで一気に流れが変わってしまった。勝敗の分かれ目がここまで素人目にも分かりやすい試合も珍しいと思うが、逆にいうとこのワンチャンスをがっちりモノにしたロックホールドを褒めるべきか。スターウォーズの新作公開直前にルークが勝利、というのもすごい巡りあわせ。
 次期挑戦者はおそらくロメロだろうが、一気に群雄割拠になりつつあるミドル級戦線、逆に面白くなりそう。

ジョゼ・アルド×-○コナー・マクレガー(1R KO)
 開始直後に飛び込みながら左フックを放つアルド。マクレガーはバックステップしながらカウンターの左フックを打ち込み、アルドうつぶせにダウン!すぐさまマクレガーが鉄槌を入れたところでレフェリーストップ!わずか14秒、UFC世紀の一戦はまさかの秒殺決着でマクレガーが統一王者に。
 KOの瞬間、パソコン画面の前で絶叫。何が起こったか理解できない、というより脳みそが目の前の現実を受け入れることを拒否していた。
 アルドが不用意に打って出たのは焦りがあったから・・・というのは外野の気楽な発言で、アルドが受けに回っていたらマクレガーが自ら前に出て一発を入れ、「アルドは久々の試合で様子見過ぎたね」と言われていたかもしれない。これまでも怪我でのブランクは珍しくなかったが、それでも復帰時にはキッチリ仕上げて挑戦者を屠ってきたのがアルドという選手なわけで、その相手にファーストコンタクトで完璧な一撃を入れてみせたマクレガーを讃えるしかないだろう。過剰なビッグマウスと分かりやすすぎる試合内容でファンを煽り続け、自らの手でUFC史上空前のメガマッチを演出し、そしてUFCフェザー級創設時から君臨する絶対王者を秒殺KO。マクレガーという選手をどう評すればいいのか、ちょっと言葉がみつからない。とりあえず今後はマクレガー以外の人間が「自分は持っている」と発言することを法律で禁止すべきだろう。
 マクレガーの次戦はアルドとのダイレクトリマッチか、昨日メンデスに快勝したエドガー相手の防衛戦か、それともライト級転向か。オクタゴンは今や完全に、アイルランドから来た新しき王を中心に回ろうとしている。
[PR]
Commented by スラッカー at 2015-12-14 00:24 x
色々書き込みたいですが一番書きたい事はもうダブルタイトルマッチはやめて欲しいという事です

あまりに衝撃が強過ぎて、いいもん観たから明日から頑張ろうという段階を通り越して疲労感でぐったりです
酒と電車での居眠りせいもありますが、絶叫し過ぎて喉も痛いし
Commented by みゆパパ at 2015-12-14 12:03 x
恐らくですが、ワイドマンにはダイレクトリマッチの権利は与えられないのでしょうね。
それこそロンダの試合よりは競っていたのですから、不公平感は残りますよね。
やはり選手の人気次第でいかようにもってなりますね。

アルドの敗戦には本当に切なくなりました。
しかもあの負け方ですから。私は絶叫なんてできませんでした。絶句です。

これは絶対に覆ることはないと確信していますが、
マクレガーはとにかく大嫌いな選手です。
そのうち訪れるであろう、マクレガーが負ける試合では絶叫することになると思います。

でも、これだけは認めないわけにはいきません。
フィギュアの羽生君と、コナー・マクレガー。
今、世界でこれだけ「持っている」男はこの2人だけだと。
Commented by ユウツギ at 2015-12-14 16:28 x
僕は、アメリカとブラジル以外から王者が生まれて嬉しいです。
Commented by nugueira at 2015-12-14 23:33
>スラッカー様
 この日はファイトパスでパンクラスも見たので、私も興奮疲れしました。ダブルタイトルマッチは万一ケガ人が出てもイベントからタイトルマッチが消滅せずに済むので、今後もリスクマネージメントの観点から組まれるのではないかと思います。

>みゆパパ様
 私もマクレガーに対してはアンチなのですが、これを見せられたらもう批判する材料がない、と観念しています。羽生君と並べるのは、確かに納得です。

>ユウツギ様
 イエンジェイチックもそうですが、アメリカ・ブラジル以外の国から王者が出るのはMMAが真に国際化した証でしょうね。次はミドル級でキューバ人王者が誕生するかどうか…。
by nugueira | 2015-12-13 22:58 | UFC | Comments(4)