反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

WSOF-GC日本大会

 WSOFの海外向け部門、WSOF-GCが来年2月の日本大会開催を発表。

 自分はちょうどシュウ・ヒラタのブログでWSOF対WSOFグローバルの裁判について経緯を知ったところだったのだが、未読の方はぜひこちらをご覧いただければ。でないと今回の会見で発表された「WSOFの王座と別にWSOF-GC王座を制定する」「岡見はこちらには出場しない」といった点がストンと落ちないと思うので。

 いやもう、日本市場に可能性を感じていただけるのはありがたい話ではあるのだが、パンクラスと提携していた頃のWSOFが日本大会をぶち上げた時ですら「大丈夫なのか?」という反応が大多数だったのに、既存国内団体とのパイプがそれ以上に希薄な状態での日本進出。これほど分かりやすい「接岸する前から沈没寸前の黒船襲来」もなかなかないですよ。

 ハコがTDCホールにも関わらず、現在発表されている参戦選手が小見川と児山。正直に白状するが、今回の会見の記事を見て一番印象に残ったのは「やっぱり向こうのラウンドガールは露出が多くていいなあ」という点だった。国内の有力選手は大晦日を狙うか、そうでなければパンクラスに上がりたいという人が大多数だろうしなあ。不安要素しか見当たらないWSOF-GC、果たしてどういう顛末になるのか。
[PR]
by nugueira | 2015-11-11 23:40 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)