反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

北岡vs徳留

 リアルタイムではないものの、パンクラスのメインをファイトパスで視聴。

北岡悟×-○徳留一樹(4R TKO)
 ジリジリと間合いを測り合う展開からスタート。探り合いのまま迎えた1R中盤、徳留の左がヒットし北岡がダウン!追撃のパウンドをガードで何とか凌ぐ北岡だが、カットしたまぶたから出血。スタンドに戻ったラウンド終盤にパンチを入れる場面はあったが、いきなりの大ピンチ。
 2R開始早々にドクターチェックが入り後がない北岡は、パンチ連打で距離を詰めるとダブルレッグで組み付き、片足を持ち上げるように強引なテイクダウン。ラウンド中盤までしつこく上をキープし続ける。徳留が立ち上がった後は再びシングルで押し込むが、徳留は踏ん張りながらヒジで攻撃。終了間際に北岡が2度目のテイクダウン。スタンドのヒジで徳留が取ったラウンドかと思ったが、ジャッジ2者は北岡。
 3Rは徳留がスタンドで圧力をかけていく。北岡もパンチを入れながらシングルに行くが、徳留は片膝をついてこらえながら細かい打撃を入れ続ける。北岡は生命線のテイクダウンが取れない厳しい展開。
 迎えた4R、徳留は勝負を決めにきたか開始早々パンチの連打。北岡もパンチを返していくが手数が出ない。徳留が立て続けにワンツーを打ち込み北岡ダウン!パウンドを入れたところでレフェリーがストップ!

 1Rの左でのダウンで全てが決まった形だが、出会いがしらの一発でもラッキーパンチでもなく、やはり徳留の完勝という以外にない試合。北岡はパンクラスのベルトには本当に縁がないなあ。国内ライト級最強の座を確かなものにした徳留。狙うはRIZINよりもUFC再上陸か。

 残りの試合も追々。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-11-02 18:31 x
勝利者インタビューでもUFCの名前を出していましたね。

見てて気になったのですが、北岡の足のテーピングはいかがなもんかと。
あれってロングスパッツ履けなくなったかわりの滑り止めじゃないですよね・・・
Commented by スラッカー at 2015-11-04 00:54 x
UFCでは余りいいとこなくリリースされた印象ある徳留ですが・・・
あらためてUFCのレベル恐るべしですね

そしてあらためて五味大丈夫かなと
Commented by nugueira at 2015-11-07 00:37
>みゆパパ様
 テーピングは私も気になりました。そんなにヒザの具合が悪いんですかね。

>スラッカー様
 UFC出戻り組でここまでスムーズに白星を重ねている日本人選手はあまり記憶にないので、徳留は相手に恵まれなかった面もあるかもしれませんね。
by nugueira | 2015-11-01 22:42 | その他(総合・寝技系) | Comments(3)