反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC Fight Night Japanの感想①

 実家に前泊してさいたまアリーナへ。KID欠場は残念だったが、タイムスケジュール的にはほどよくなった感じ。やはり8時半開始だとしんどい。

安西信昌○-×ロジャー・ザパタ(3R TKO)
 スタンドの打撃ではザパタが上回っている感じだが、安西はパンチのフェイントを混ぜながらしつこくタックル。尻をつかせるだけでクリーンテイクダウンは奪えなかったが、とりあえず1Rは取ったか。
 2Rもザパタの打撃をかいくぐりながらタックルを狙い続ける安西。ようやくテイクダウンを奪い、細かくパウンドを入れていく。明確なダメージは与えられていないものの、このラウンドも取っている印象。あとはスタンドの一発にだけ気を付ければいい状況で迎えた3R、パンチの打ち合いをしていたザパタが突然背中を向け試合中断。腕を脱臼したらしく、負傷TKOで安西が勝利。やや消化不良な終わり方だったもののあのまま判定までいっても間違いなく勝っていたし、堂々たるUFC初勝利と言っていいのでは。客席からは分かりにくかったが、ザパタは金網掴みの反則を繰り返していたようだし。

小谷直之×-○ケイジャン・ジョンソン(判定)
 手足が長く、小谷とは相当リーチ差があるジョンソン。1R、小谷はスタンドで様子を窺うもののなかなか懐に入れず、タックルに行っても振りほどかれてしまう。スタンドで探り続けたまま1Rが終了。客席の小谷への野次は不快だったが、確かに小谷はどう戦いたいのかが見えてこない。
 2R、小谷が前に出ていくとジョンソンは下がるが、小谷が突っ込んできたところへ右のカウンター。ダウンした小谷へガードポジション越しのパウンドを落としていく。立ち上がった小谷だが、タックルにカウンターのヒザを合わされてしまい、倒れたところへまたもパウンド連打。両方ともストップされておかしくない場面だったが、意外なタフさを見せこのラウンドを何とか凌ぐ。
 後がない小谷は3R、組み付いてようやくテイクダウンに成功。ここからトップポジションをキープし起死回生の足関節へ行くが、ジョンソンに凌がれ立たれてしまい万事休す。大逆転のチャンスを逃した小谷が3-0の判定負け。3Rの動きをもっと早く見せていれば面白かったのだが。さすがにこれでリリースか。

ニック・ハイン○-×粕谷優介(判定)
 ハインはスピードTKリミックスで入場。観客思わず手拍子。どこでこんな小技を仕込んできたんだ。
 粕谷は1R開始から前に出続け、クリーンヒットはないが先手を取り続けている。ハインのローブローで試合が中断し、ハインは「ソーリーごめん」と謝罪(ウソ)。再開後も粕谷は自分から前に出続ける。足をすくいテイクダウンするもののすぐに立たれてしまいグラウンドの場面は作れなかったが、まずはいい動きを見せた。
 2Rも粕谷が前に出るものの、なかなか手数が出ない。粕谷がボディを打ち込むもののハインもすぐさま打ち返し、有効打の数ではリードが奪えない。圧力は粕谷、手数はハインでジャッジの難しいラウンド。
 3Rに入るとハインのローで粕谷の足が流れる場面が増える。粕谷は相変わらず手数が足りず、ハインに距離を取られ続け試合終了。個人的採点では1・2R粕谷だが、2・3Rは手数で持っていかれたかなあ・・・と思っていたら判定は案の定ハイン(一人30-27がいたのは解せないが)。粕谷には子供のミルク代を稼いで帰ってほしかったが、残念。

中村K太郎○-×リー・ジンリャン(3R チョークスリーパー)
 開始早々K太郎の左がヒットしジンリャンがダウン。K太郎はトップポジションをキープして攻め続ける。ジンリャンは背中をべったりつけてK太郎をホールドし続ける一昔前のグラウンドをやっているが、K太郎も攻め切れずブレイク。1ラウンド終盤はスタンドのパンチをもらいヒヤッとする場面も。
 主導権を握ったはずのK太郎だが、2Rも近い距離でスタンド勝負を続け、ジンリャンのジャブを不用意にもらい続けてしまう。タックルに行って展開を変えるべきところだがダメージで動きが悪くなっているのか、さらにスタンドに付き合い続けたK太郎は連打をもらい遂にダウン。ジンリャンのパウンド連打を食らってしまい、このラウンドは何とか耐えたものの一気に旗色が悪くなってくる。
 大ピンチの状態で迎えた3R、K太郎はようやくタックルにいくがジンリャンに切られてしまう。しかしがぶられた体勢からスルスルッとバックに回ったK太郎は、そのままジンリャンにおぶさりながら必殺のチョークへ。失神したジンリャンがK太郎を背負ったまま崩れ落ちる衝撃的なフィニッシュで逆転一本勝ち。2Rのピンチははっきり言って余計だったが、一本勝ちの瞬間は観客総立ち。パフォーマンスボーナスも納得の大逆転劇だった。

 3回ぐらいに分けていきます。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-09-28 18:53 x
結局、現地観戦は諦めました。チケットを誰かに譲ることも出来ず、未使用チケットが引き出しの中に鎮座しております・・・

安西の対戦相手は悪どかったですよ。
常にレフェリーの死角になる側でしっかりフェンス掴んでました。
それでも判定までいっても安西勝利だったですよね。

小谷は勝つ気があるのか?と言われても仕方ないような試合運びでしたね。
あのような負け方が一番後悔残るのではと思うのですが。

人間ってあんなに簡単に失神しちゃうんだ、って改めて思い知らされましたw
Commented by ある at 2015-09-28 21:42 x
自分も会場組でした
↑サパタは金網掴みのバチが当たったとしか・・・・w

粕谷、ハインは粕谷の勝ちだと思ったのですが・・・・
あの金的は減点でしょう
ちょっと納得いかない判定でしたね
水垣は完勝でしたね
最後のマイクにもらい泣きしそうになりました
Commented by nugueira at 2015-10-04 21:37
>みゆパパ様
 場内大熱狂とまでは行きませんでしたが、やはりあの空気は得難いものがあります。来年はぜひ…となってくれればいいんですが。

>ある様
 客席から見ていると粕谷が積極的に攻めている印象が強かったのですが、ハインが上手くアウトボクシングをしていたということなんでしょうかね。
by nugueira | 2015-09-27 21:50 | UFC | Comments(3)