反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

マルチネスvsサリド

 メイウェザーの前座で行われたWBO世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、ローマン・マルチネスvsオルランド・サリドの感想を。

 1Rからいつものごとく圧力をかけ続けるサリドに、マルチネスは距離をキープしつつアッパーを交えたコンビネーション。2R、さらにプレッシャーを強めるサリドが右をヒット。マルチネスも打ち合いに応じ、近距離でのパンチの応酬となる。
 3R、サリドがボディからの連打で攻め続け、マルチネスは圧力負けするようにダウン。だがダメージはさほどではないマルチネスはショートのワンツーを叩き込みダウンを奪い返し、序盤から激しい展開に。サリドは4R開始早々も右ストレートをもらい腰をガクリと落とすが、ここから持ち味である回復力の速さを発揮。しつこく前に出続けてマルチネスにペースを握らせない。サリドは5R、左ボディから返しの右を入れてマルチネスをグラつかせる。6Rもサリドがボディ連打で前進し続け攻勢。マルチネスは距離を取りたいがサリドの圧力を捌ききれない。
 後半戦に入ってもサリドのペースは変わらず。マルチネスは密着しての打ち合いは避けた方がいいはずなのだが、サリドの土俵にひきずりこまれてしまう。
 だが10Rに入るとマルチネスが体を預けるようにしながら左右の連打。サリドもさすがに攻め疲れてきたか、手数でマルチネスが上回り始める。11Rは圧力の弱まったサリドに対しマルチネスが再び距離をキープしショートのパンチを入れていくが、11R終盤からサリドがまたも追い上げ。最終ラウンドは再び足を止めての打ち合いになり、サリド優勢の印象で試合終了。
 今回はサリドが自分の勝ちパターンに相手をはめたか・・・と思いきや、判定は1-1のドローでマルチネスが王座防衛。乱打戦のラウンドが多くサリドも相当被弾していたのは確かなのだが、5R以降は完全にサリドが主導権を握っていた印象なのでこの結果は意外。サリドはロマチェンコ戦の体重超過の件があり好きになれないボクサーなのだが、さすがにこのジャッジは可哀想。
[PR]
by nugueira | 2015-09-17 23:43 | ボクシング | Comments(0)