反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

皇帝、大晦日に凱旋。「一夜限りの王朝復活」なのか、それとも・・・

 本日のベラトールに榊原信行とエメリヤーエンコ・ヒョードルが登場。大晦日に榊原氏が主催するイベントでヒョードルの復帰戦が行われることが決定。
 ヒョードル復帰の噂が流れ始めて以降、「振り回されるのは嫌なので正式発表までは何もコメントしない」というスタンスを取ることに決めていたのだが、これで当ブログでヒョードルの復帰の話題に触れることも解禁となった。

 とはいえ今回のニュースを手放しで喜べるかというと、正直微妙なところ。いや、まず最初に断っておくと大晦日のたまアリにはほぼ確実に足を運ぶとは思うんだけど。
 今回のヒョードル復帰戦の相手が誰になるかと考えると、ベラトールの現在の持ち駒で浮かんでくるのはケンシャムやキンボ、シーク・コンゴ、あるいはウルトラCでランディ・クートゥアの現役復帰ぐらいか。いずれも現在のMMAトップ戦線とは言い難い選手で、勝負論としての面白さはなさそう。ヒョードルがほぼ4年ぶりの試合ということを考えると「悪い意味での勝負論」はなくもないんだけど。UFCと榊原サイドによる争奪戦の噂はここ最近囁かれていたけど、UFCを蹴ってこちらを選んだのは「楽で割のいい稼ぎができる方にした」と見られても仕方がないよなあ。
 それでもベラトールが協力するのであればメイン以外にも面白いラインナップが並ぶ可能性は期待できそうで、それ込みで考えれば大晦日イベント自体は足を運ぶ価値のあるものになると思うのだが、問題はその後。これはここ何年か大晦日イベントの開催が決まるたびに書いているのだが、ファンが求めているのは「大晦日限りの打ち上げ花火」ではなく、「それ以降も線となってストーリーを提示してくれる舞台」なのではないか。ヒョードル復帰に興味がないわけはないのだが、「一夜限りの皇帝凱旋」では面白みも半減。年が明けた2016年以降も、継続して戦いのストーリーをファンに提示し続ける意志や準備が榊原氏の新団体にはあるのか。そこが見えてこないと、今回の正式発表を聞いても手放しには喜べない。

 K-1の地上波放送ってこれと関係してくるのか?人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-09-21 10:57 x
榊原氏の立ち上げる団体が継続的に興行を打てるのかがまず疑問ですね。
榊原氏にどういった後ろ盾があるのか知りませんが、
どこから資金調達しているのでしょうね。
頼むから、またいかがわしい噂が出るようなことは勘弁してほしいものです。

そしてヒョードルですが、どうやら榊原氏とは2試合契約だそうですね。
願わくば、この2試合で自分がどこまでやれるのかを確認してもらい、
イケるとなれば、いよいよトップ目指してほしいものです。
Commented by nugueira at 2015-09-23 16:08
>みゆパパ様
 新団体の背景については色々怪情報も飛び交っていますが、榊原さんとしてはビジネス的に勝機ありと踏んでるんですかね。ヒョードルは「2試合で小遣い稼ぎしてリタイア」という可能性もありそうで、復帰戦の内容を見ないことには何とも言えないです。
by nugueira | 2015-09-20 22:26 | その他(総合・寝技系) | Comments(2)