反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ヌジカムvsレミュー

 エキサイトマッチでIBF世界ミドル級王座決定戦、ハッサン・ヌダム・ヌジカムvsデビッド・レミューを視聴。

 レミューは開始と同時に前に出続け、強烈なワンツー。ヌジカムは下がりつつもタイミングを見てパンチを返していく。ラウンド中盤からはヌジカムも前に出て、近い距離でお互いパンチを振るっていく展開。両者クリーンヒットはなかったが手数と圧力でレミューが先手を取ったか。
 2Rもレミューがプレッシャーをかけ続ける展開。ヌジカムはロープに詰められつつもレミューの打ち終わりに右フックを返していくが、逆にヌジカムの右フックの打ち終わりにレミューが左フックをヒット!弾き飛ばされるようにダウンしたヌジカムはダメージが残っている様子だが、何とかこのラウンドを凌ぐ。
 大ピンチかと思えたヌジカムだが、3Rにすぐさま立て直すと、レミューの突進を捌きながら細かいジャブをヒット。ダメージは与えられていないがポイントは取り返したか。この後もレミューはロープに詰めて叩き付けるような強打、ヌジカムはフットワークを使いつつ中間距離でのパンチ、という一進一退の展開。ややヌジカムがリズムに乗ってきたか・・・という状況で迎えた5R、ヌジカムをロープに詰めたレミューが左ボディから返しの左フック!2度目のダウンを喫したヌジカムはラウンド後半にもロープ際で左を食らいダウンを重ねてしまう。
 これで勝負あり・・・と思いきやヌジカムは6Rに入るとダメージを感じさせず、またも反撃。だが7Rにはレミューがドンピシャの左フックを叩き込み、とどめとばかりに4度目のダウンを奪う。
 ヌジカムは8R辺りからさすがに下がる場面が増え、もはや余力はないかと思えたのだが、10Rに入るとワンツーをレミューの顔面に入れて反撃。終盤戦はいつの間にか回復していたヌジカムが手数でレミューを押し切り、最後の3Rだけ見るとどっちが優勢なのか分からないような展開に。

 判定は115-109が2人と114-110でレミューが勝利。内容としては4度のダウンを奪い圧勝のはずなのだが、見ている側にとってはヌジカムの驚異的なタフネスぶりだけが印象に残る不思議な試合。ポイントを見てもヌジカムは5~6R取っているわけだし。
 とにもかくにも新王者となったレミュー、激戦区ミドル級でどう存在感を示していくか・・・と思ったら、いきなりゴロフキンとの統一王者決定戦が実現。ゴロフキン絶対優位とは思うが、最近の試合ではやや危ない場面も見せているだけに緊張感ある試合が期待できそう。 
[PR]
by nugueira | 2015-08-21 23:11 | ボクシング | Comments(0)