反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC191の予想

 日本時間6日のUFCの予想を。

フランシスコ・リベラ×-○ジョン・リネカー
 フライ級で体重超過の常習犯だったリネカーがようやくバンタム級に転向。相手のリベラは水垣・ユライアに負けてカサレスに勝っている選手。リネカーは「減量苦」というより「ギリギリ超過してKO勝ち」というパターンが多かったが、バンタムに上手くアジャストすれば十分勝てる相手なのでは。

アンソニー・ジョンソン○-×ジミー・マヌワ
 DV騒動で一時出場も危ぶまれたジョンソン。コンディションにどう影響しているか。相手はほどほどクラスの選手なので、KO勝利を期待。

アンドレイ・アルロフスキー○-×フランク・ミア
 いったい時計の針が何周巻き戻ったんだ、と言いたくなる組み合わせ。両者とも前戦KO勝ちで、特にアルロフスキーは復帰後3連勝なのでセミ抜擢はまあ妥当なのだが。ミアは前回ヨーイドンの正面衝突で勝利したとはいえ、やはり打たれ弱さに不安。アルロフスキーのKO勝ちか。

デメトリウス・ジョンソン○-×ジョン・ドッドソン
 メインはジョンソン7度目の防衛戦。相手のドッドソンは初防衛戦以来のリマッチ。ジョンソンに敗れて以降は3連勝だが、破竹の防衛ロードを突っ走ってきたジョンソンとの差はむしろ広がっていそう。「同階級の他選手との実力差を勘案したP4Pランキング」では1位ロンダ・2位ジョンソンだと思っているのだが、今回も圧勝劇に終わりそう。

 日本大会も近づいてきた。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-08-31 23:47 | UFC | Comments(0)