反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC Fight Night 74の感想

Fight Passで見たセミとメインの感想を。

エリック・シウバ×-○ニール・マグニー(判定)
 1R、シウバがバックハンドブローに失敗しバランスを崩したところへマグニーが押しかかるようにテイクダウン。立ち上がったシウバはテイクダウンを奪い返しパウンドを入れるが、マグニーがスイープして再度上になるめまぐるしい展開。終盤はバックマウントを取られたシウバがパウンドをもらい続け1Rが終了。
 2Rはスタンド中心の展開になり、シウバがローや左ミドル、パンチをヒット。だが大振りが目立ち、マグニーのパンチを不用意に顔面にもらう場面も多くなかなかリズムをつかめない。それでも後半にはテイクダウンも奪いこのラウンドは取ったか。
 3Rもシウバはローやパンチで攻めるものの攻撃が単発で、マグニーのジャブや組んでのヒザをもらい続けてしまう。終盤にはテイクダウンも奪われ劣勢の印象のまま試合終了。ジャッジ一者はシウバにつけたものの、スプリット判定でマグニーが勝利。シウバは打撃に全くキレが感じられず、どちらがスクランブル出場なのか分からないほどのピリッとしないパフォーマンス。

マックス・ホロウェイ○-×チャールズ・オリベイラ(1R TKO)
 ホロウェイは距離を取りつつ鋭い踏み込みからのパンチ。対するオリベイラは組んでのヒザを出していくが、ホロウェイの動きがいい。オリベイラがタックルに行くが、ホロウェイはこれを切って再びスタンドへ・・・というところで、立ち上がったオリベイラが肩を抑えたまま戦意喪失しレフェリーストップ。フェザー級成長株同士の対決は消化不良の結末に。
 とはいえホロウェイの動きの良さが目立ち、試合が続いていたら打撃で押し込んでいたのでは。これで7連勝のホロウェイ、タイトルマッチが視界に入る位置まで浮上してきたか。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-08-26 18:56 x
オリベイラは食道破裂とかで、処置が遅かったら命に関わってたとか。
オロウェイの攻撃によるものなのか分かりませんが、恐ろしいことです。

エリックシウバは、以前に比べて体もゆるい感じがしましたし、よけられまくりの回転系の打撃を出すくらいで、全く良いところがなかったですね。完全に底を見せてしまいましたね。
Commented by nugueira at 2015-08-26 23:23
>みゆパパ様
 怪我するような攻防あったか?というのが不思議だったのですが、格闘技の試合中の怪我としてはおよそ聞いたことのない内容なので驚きました。ホロウェイの攻撃とは無関係のハプニングなんですかねえ。
by nugueira | 2015-08-24 23:55 | UFC | Comments(2)