反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC JAPANのカード

 小刻みに発表されているUFC日本大会のカード、出揃っているのは以下のラインナップ。

 ジョシュ・バーネットvsロイ・ネルソン
 ゲガール・ムサシvsホアン・ジュカオン・カルネイロ
 堀口恭司vsチコ・カムス
 水垣偉弥vsジョージ・ループ
 ストラッサー起一vsリー・ジンリャン
 山本“KID”徳郁vsマット・ホーバー
 菊野克紀vsディエゴ・ブランダオン
 小谷直之vsケイジャン・ジョンソン
 安西信昌vsロジャー・ザパタ
 粕谷優介vsニック・ハイン

 これにRTUJの決勝を加えると11試合。追加されるとしてもあと1試合あるかどうかで、まあこれで打ち止めと考えておいていいか。
 こうしてカード一覧を眺めてみると、正直「うーん・・・」というのが素直な感想。何かこう、いま一つ物足りない印象。

 昨年と同様に外国人同士のヘビー級マッチがメインで、今年は外国人同士のカードが更にもう一つ追加(まあ去年の真騎士vsフッカーも厳密には外国人同士か)。ここまでは悪くないのだから、やはり日本人選手が寂しいということか。ただ、昨年出ていた五味や秋山、中井りんに対してワクワクしていたかというと決してそんなこともないので、じゃあ何が不満なんだ、という話になってしまう。

 やはり誰がいる・いないとは別の次元で、このところ日本人選手の成績がパッとしないので期待感が持てないというのが大きいのだろうか。そういう視点で改めて見てみると、出場する日本人選手のうち前戦で負けている選手が6名。KIDはノーコンテストで粕谷は初出場だから前戦で勝っている選手はゼロなわけで、そりゃ期待のしようがないわ。そう思うと川尻が出ていればだいぶ雰囲気が違っていたのではないかと思う。

 とはいえ「世界最大のMMA団体を見る年に一度の機会」なのは間違いないわけで、楽しまなければ損。振り返れば昨年も戦前の予想では日本人選手惨敗と踏んでいたのだが、蓋を開ければ大健闘で大いに盛り上がった。今年も、事前の予想を覆してくれる盛り上がりを期待しておきます。
[PR]
Commented by スラッカー at 2015-08-15 02:03 x
確かに今回は日本人選手に期待感(幻想)をもてないというのがありますね

そういえば中井りんは去年のUFC JAPNからずっと試合をしていないんですね~
・・・どうなってしまうのでしょうか

ネルソンには今年もまたスリリングな試合を見せて欲しいです
Commented by みるこっぷ at 2015-08-16 00:41 x
UFCとしてこのカードはどうよ…って
感じがします

DEEPDREAMでも
このくらいのカード組めそうな。

Commented by みゆパパ at 2015-08-16 17:07 x
ここら辺の感覚が、きっとブラジルやイギリスのMMAファンと違うところなんでしょうね。
良い意味でも悪い意味でも、日本のMMAファンは目が肥えてしまっていて、それなりのカードじゃないと満足できなくなってますよね。
UFNの海外開催では基本的に地元選手が勢揃いしますが、かなり誰?っていう選手が並びますよね。
それでもテレビ越しでも盛り上がってるのが見てとれます。

まあ、日本人選手にもっとがんばってもらわないと、ってのは間違いないのでしょうが。
Commented by nugueira at 2015-08-16 22:17
>スラッカー様
 前回の日本大会を見た後「中井はまずジムを変えるところから始めないと先が見えないのでは」と思ったのですが、その通りの状況になっていて寂しい限りです。

>みるこっぷ様、みゆパパ様
 みゆパパ様ご指摘のとおりで、北米以外の大会ではカード編成が薄くなりがちなのは各国共通なので、あまり贅沢言ったらいけないんでしょうね。スウェーデンにおけるグスタフソンのようにファンの拠り所になる選手が1人でもいれば大違いなんですが。
by nugueira | 2015-08-14 23:59 | UFC | Comments(4)