反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC188の予想

 日本時間14日のUFCの予想を。

フランシスコ・トレビノ×-○ジョニー・ケース
 日本大会で徳留を破ったケース。とりあえず負けるまでは推し続けます。それにしてもパンクラス復帰後は連勝中の徳留が前座クラスのこの選手にあっさり負けるんだから、今さらながらUFCライト級はとてつもなくレベルが高い。

チコ・カムス×-○ヘンリー・セジュード
 金メダリスト・セジュードのポテンシャルに期待。フライ級の層の薄さを考えると、きっちり減量できるならあと2つほど勝てばタイトルショットが見えてきておかしくないのでは。

ケルヴィン・ガステラム○-×ネイト・マーコート
 度重なる計量オーバーによりミドル級転向のガステラム。対するマーコートはUFC復帰以降負けが込んでいるし、ここは白星を拾っておきたい。

ギルバート・メレンデス○-×エディ・アルバレス
 かつて「非UFCライト級最強」の呼び声が高かった両者が遂に激突。と言いつつ二人とも前戦で敗れてからの再起戦、という位置づけなのが微妙だが。
 メレンデスの敗戦はある意味ペティスが強すぎたのだが、アルバレスは前回、持ち味を全く出せずに負けていたのが気がかり。まあセラーニに比べたらメレンデスはリーチのハンデもなく、相対的にはやりやすい相手なんだろうけど。メレンデスが組み付きからのしつこいテイクダウンでアルバレスに打撃のチャンスを作らせず判定勝利、と予想。

ケイン・ヴェラスケス×-○ファブリシオ・ヴェウドゥム
 ようやく実現したヘビー級王座統一戦。地理的にはヴェラスケスがホームでヴェウドゥムを迎え撃つ構図だが、ヴェウドゥムは前回のメキシコ大会で高地での試合経験を積んでいる分アドバンテージがあると言える。
 両者100%のコンディションでぶつかればヴェラスケスが殴り勝つのだろうけど、やはり1年半のブランクは不安要素としてあまりに大きい。ヴェウドゥムがどう勝つか、という映像は正直頭に浮かびにくいのだが、多少のヤマっ気も出してこういう予想にしておきます。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-06-10 17:56 x
ドス・サントスにKO負けしたときも、1年のブランク明けでしたよね。
でもヌゲイラさん同様、グラウンドでヴェウドゥムが上になっている場面とか想像できませんw

ガステラムはミドル転向で一気に魅力半減ですね。
身長ないですし、ミドルでは厳しいと思うんですよね。

メレンデス×アルバレスは、バチバチの打ち合いを期待してるんですけどねぇ。メレンデスは組み付いていきますかね。
Commented by nugueira at 2015-06-11 23:40
>みゆパパ様
 ヴェウドゥムが勝つとしたら、意外とスタンドで一発入れちゃうかもしれませんね。アルバレスは自分のやりたい試合をさせてもらえない気がします。
by nugueira | 2015-06-08 23:23 | UFC | Comments(2)