反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

コットvsギール

 WOWOWオンデマンドでWBC世界ミドル級タイトルマッチ、ミゲール・コットvsダニエル・ギールを観戦。今回はスタジオ収録は後で行うのか、現地放送をそのまま流す珍しいスタイル。ただこの方が実況席の情報に頼らず、自分の目で集中して見れるのでたまにはいいかも。

 試合の方はコットが1Rから軽快な動きを披露。フットワークを使いつつ鋭い踏み込みから連打を放ち、ボディ・アッパーも混ぜながら先手を取り続ける。
 ギールの方はコットが接近してきたところでパンチを繰り出すのだが、コットはその打ち終わりに更にパンチを重ねてくるのでなかなかペースを握れない。しつこくボディを打たれたギールは3Rにはやや微妙なスリップで倒れる場面もあり、早くもボディを嫌がってきた様子。
 コットのペースで迎えた4R、近距離での打ち合いからコットの左フックがカウンターでヒット!吹き飛ばされるようにダウンしたギールは立ち上がるもののダメージは深く、追撃してきたコットに今度は右フックを入れられ2度目のダウン。ギールはここで戦意喪失し、コットが圧勝の4ラウンドKOでタイトルを防衛。

 コットはメイウェザーとトラウトに連敗した時点でもうキャリアの終焉も近いか、と思っていたのだが、ミドル級に上げた途端完全復活してしまうんだから分からない。こうなったらゴロフキン戦を実現させてくれないかなあ。

 明日はエキサイトマッチはお休み。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-06-07 14:48 x
試合そのものは、コットがさすがの攻撃力で圧倒しましたが、
ミドル級タイトルマッチとして成立させてしまうあたりに、ビッグネームへの優遇が露骨で、ちょっと醒めてしまっていました。

いまだに人気は健在なようで、
もしかしてメイウェザーの最後の相手ってのもありなのかもって思っちゃいました。
メイにしてみればロッキー・マルシアノに並ぶと同時に、6階級制覇のおまけもついてきますし、
世紀のビッグマッチ後の相手選びにも苦労しているようで、コット相手なら日本ではともかく、アメリカでは結構盛り上がるのではないでしょうか。

そもそも今日の試合で、リミット下回っててもOKっていう前例作っちゃったわけですしね。
Commented by nugueira at 2015-06-11 23:38
>みゆパパ様
 試合が終わった後に知ったのですが、タイトルマッチでキャッチウェイトは興ざめですねえ。今後増えそうですが。
by nugueira | 2015-06-07 12:45 | ボクシング | Comments(2)