反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

田中vsイエドラス

 WBO世界ミニマム級王座決定戦、田中恒成vsフリアン・イエドラスを視聴。「今回テレビ中継あるんだっけ?」と思ったら既に始まっていたので4R途中からの観戦ですが。

 しつこく圧力をかけてくるイエドラスに対し、田中は距離を取りながらボディ、アッパーを繰り出していく。5R終盤には右アッパーからの連打でイエドラスの動きが止まる。
 それでもイエドラスは前に出続けると、6Rは近距離からショートの連打。田中は手数が完全に止まってしまい嫌なムードになるが、続く7Rは田中が落ち着いて距離を取ると、再び有効打で上回るようになりペースを取り戻す。田中は相手の動きがよく見えている感じ。
 ほぼ互角の8Rを経て、9Rは田中のショートの連打をもらったイエドラスが後退。さらに10Rも田中が左右のフックを浴びせ、イエドラスに着実にダメージを与えている。
 11Rに入るとイエドラスの動きがガクリと落ち、踏み込み、パンチのキレともに甘くなってくる。田中も様子を見てしまっている感じはあったが、そのまま主導権を握らせず試合終了。判定3-0で勝利し、日本最速となる5戦目での世界王座を獲得。

 6Rに一度劣勢になった後すぐさま立て直した場面など、田中は落ち着いて戦えていたのは間違いないのだが、正直インパクトという点では迫力不足。イエドラスが下がった場面で攻め切れなかったのは冷静だったとも言えるが、物足りなさが残った。
 正直「最短記録」という数字の世界に騒いでいるのは陣営やテレビ局だけで、ファンにとってはたいして意味のない話題。井上やロマチェンコも最短記録を更新したから評価されているのではなく、桁外れの実力をリング内で見せているから支持されているわけでしょう。試合前に報道されたように高山との統一戦の話があるのなら、田中はぜひこれに挑んで、次は試合内容でファンを納得させてほしい。そもそも高山がWBO王座だけ返上したことに伴い田中が世界挑戦、という妙な構図で今回の戴冠が実現しているわけだし。

 しばらく国内の世界戦はなしかな。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-05-30 23:49 | ボクシング | Comments(0)