反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

内山&田口

 ゴールデンウイークのトリを飾るダブル世界戦、テレビ観戦しての感想を。

 まずWBA世界ライトフライ級タイトルマッチ、田口良一vsクワンタイ・シスモーゼン。初防衛戦の田口は動きが多少硬いか、1Rはクワンタイのジャブやボディをもらう場面が目立つ。それでも2Rにジャブを突き刺してリズムを立て直すと、ラウンド終盤に打ちおろしの右を入れてダウンを奪取!
 田口はこれで勢いに乗ったか、3Rに入るとフットワークも格段に良くなり、完全に距離を掌握。これ以降は田口のジャブは的確に突き刺さる一方でクワンタイは空振りが増え、試合の焦点は田口がKOで仕留めるかどうか、に移ってくる。
 それでもクワンタイの強引な左右の連打は生きており、近距離での打ち合いになると危ないか・・・と思っていた5R、田口がまたも打ちおろしの右を入れ2度目のダウン!ここから先は粘りながらもダメージの残るクワンタイを田口が攻め、6Rには右フック、7Rには右ストレートで次々とダウンを重ねていく。いずれもゴングに救われるもののクワンタイにもはや余力は残っておらず、8R開始直後に田口が連打で5度目のダウンを奪ったところでレフェリーが見かねたようにストップ。計5度のダウンを奪う圧勝劇で、田口が防衛に成功。
 ディフェンス面での粗さも目立ったし改善する部分は多いのだろうけど、実にいい勝ち方。「井上尚弥にKOされなかった唯一の男」は伊達ではなかったか。これから防衛を重ねて更にいい王者になってほしい。

 メインはWBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ、内山高志vsジョムトーン・チューワッタナ。
 上背ではチューワッタナが勝っているが、内山は1Rに距離を詰めるといきなりワンツーをヒット!この一撃で右目を潰されたチューワッタナは露骨に動きが落ち、内山が一気に攻勢。ジョムトーンはインターバルに多少持ち直したのか2Rに入ると自ら前に出てパンチを振るっていくが、ここでまたもや内山のワンツー!右ストレートを食らったジョムトーンはフラフラとよろめきながら後退すると大の字にダウンし、その後はピクリとも動けず。難敵とも目された現役ムエタイ王者を内山がいとも簡単に葬り、V10を達成。

 試合前にいきなり内山の過去の防衛戦ダイジェストが流れ出した時点で「今回は早期KOか?」という見当はついたのだが、まさかここまでの内容とは。実質、1Rのワンツーで勝負がついちゃってたもんなあ。金曜に三浦の試合を見たときは「これだけのKO劇はめったに見れないぞ」と思ったのだが、それから1週間経たないうちに今度は内山がこの試合。もういいから、さっさと統一戦をやってどっちが強いのか決めてくれ。というかこれだけ機運が高まって対戦しないのはファンに対しても失礼だしビジネス的にも損失のはずなんだから、両陣営及びテレビ局は全力で実現に向け動いてほしい。今の日本ボクシング界にとっての切り札カードは間違いなく内山vs三浦でしょう。

 昔チューワッタナジムで半日練習したことがある。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by ユウツギ at 2015-05-07 01:48 x
いや~内山強すぎますね!
正直、今回の相手はかなり危険だと思っていました。テクがあってパワーがあって若くて無敗ですからね。で、僕もヌゲイラさんと同様、ハイライトを流している時点で「あ、どっちかが倒されたんだ・・・」と、一抹の不安もよぎりました。

試合が始まると、ジョムトーンのデカイ体にまず驚き、左ストレート強烈なんだろうな怖いな、なんて思って見ていたら、早々に内山のバズーカーみたいな右が炸裂wもうね、なんていうか不安が消し飛びましたよ。ガードの間を突き抜ける右を見ながら「久々の内山の試合だから、もうちょっと堪能したい。このラウンドはもってくれ」と相手を応援する始末でしたw
Commented by みゆパパ at 2015-05-07 10:22 x
三浦選手の試合の記事で、
「両陣営の会長の判断次第で」とコメントさせていただきましたが、内山選手のこの強さを観てしまったら、本田会長がGO出さないような気がしてきました・・・

よく考えたら、三浦選手は海外での評価が高く、特にメキシコの選手からよく名前が挙がってるので、そっち相手してたほうがメリットありそうです。

やはり内山選手には移籍しかないのではと、
試合後にしゃしゃり出てきた渡辺会長を見て思ってしまいましたw

田口選手は、出すべきところでしっかり手が出ていて、いい選手ですね。
Commented by gsp at 2015-05-07 17:19 x
内山ももう35ですし、いつ衰えが来るかわからないので毎回毎回ヒヤヒヤしていますがそんな自分の愚かさを思い知りました(笑)
三浦も気づけば素晴らしいチャンプになり統一戦は確かに興味をそそられるのですが、どちらかといえば両者とも海外で強豪と戦ってほしい思いが強く、複雑な心境です。
Commented by nugueira at 2015-05-08 21:25
>ユウツギ様
 私は「早期KOなら内山が勝ったのかな」と何となく安心して見てましたが、実質ファーストコンタクトで勝負をつけてしまうとは…。改めて内山の強さに脱帽しました。

>みゆパパ様
 渡辺会長はプロモーター兼務なので、商売としてソロバン弾かないといけない立場でもあるんでしょうけれど、何とか実現に動いてほしいです。田口もこれから期待できそうですね。

>gsp様
 イチローもそうですが、超一流選手に素人が年齢の心配をするのは余計なお世話でしかないようです。
 個人的には内山vs粟生のタイミングを測っているうちに粟生が王座陥落してしまった例があるので、お互い旬なうちに是非ぶつけてほしいところです。
by nugueira | 2015-05-06 23:20 | ボクシング | Comments(4)