反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ジョン・ジョーンズ王座剥奪。最強王者、敗れざるままベルトを失う。

 当て逃げ事故を起こし逮捕状を出されていたジョン・ジョーンズのUFCライトヘビー級王座が剥奪。UFC187ではアンソニー・ジョンソンvsダニエル・コーミエによる王座決定戦が行われることに。

 「常識論」としてはジョーンズを徹底的に叩くべきだと思うのだが、正直自分はそういう気分にはなれない。賛同する人は少なそうだけど、以下思うところを述べさせていただく。

 大前提として、ジョーンズは今回犯した罪について厳正な法の裁きを受ける必要があり、その結果として懲役を含めしかるべき刑に服してもらわなければならない。自分はこの点についてジョーンズを擁護するつもりはさらさらない(というかみんなそうだと思うが。)。

 だがその次の段階として、格闘家としてのジョーンズに何らかのペナルティーが必要かというとこの辺は意見が分かれるところで、自分の本音としては刑の服役期間に加えて出場停止を課す必要はないと思っている。だって見たいじゃん、ジョーンズの試合。

 今回もダナはジョーンズ擁護を匂わす発言をしており、先日のコカインの件も含め「普通の選手ならリリースされておかしくないのに不公平」という声は出てくると思うのだが、他の選手とジョーンズとではオクタゴン内で見せてくれるパフォーマンス、そこから生み出す金の額が違ってくるのだから仕方がない。試合の勝敗に影響を及ぼすドーピングについては全ての選手が同一の基準に従って処罰されないとおかしいが、試合のパフォーマンスと無関係なオクタゴン外での問題行動をどれだけ罰するかは、プロモーターが個別に判断する事項だろう。
 そういう意味で、今回UFCが王座剥奪・無期限出場停止という決断をしたのは結構意外な展開。タイトルマッチまであと1カ月を切っており、様子見をする時間がなかったというのも大きいんだろうけれど。

 ここまではジョーンズに相当甘い(と受け止められる)ことを書いてきたが、自分は「強ければオクタゴン外で何をしてもいい」と言いたいわけではない。これだけスキャンダルを繰り返す選手のスポンサーは続けられない、と判断する企業は当然出てくるだろうし、刑に服することで練習に割ける時間は減り、格闘家としての全盛期の時間は刻々と目減りしていく。ジョーンズは今回の件でビジネス的にも格闘家としても、十分すぎるほどのダメージを負っている。
 また、怪我とは関係ない理由で試合ができない状態は間違いなくファンに対する裏切りであり、ジョーンズに対してはこういう事態を招いたことに対し猛省を促したい。ただ自分は、ジョーンズが行うべき償いはオクタゴンから離れることではなく、刑に服したうえで再びオクタゴンに上がり、ファンの前で優れたパフォーマンスを見せることだと思うのだ。

 AJ対DCは面白い試合になりそう。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by スラッカー at 2015-04-29 15:48 x
確かに刑事民事の裁きは受けるべきですが
永久追放とかしたら彼が格闘技以外のまっとうな仕事で生計をたてられるとは思えず
結果的にイリーガルな人種を一人つくり出すだけになってしまいますよね
そういう仕事?にしてもすぐ捕まってしまうでしょうが

何より自分の中でJJはオクタゴンで負けるところをみたい選手ぶっちぎりの№1です
Commented by みゆパパ at 2015-04-29 19:46 x
うーん、正直この問題に関しては、
ヌゲイラさんとは真逆の意見でしょうか。

ボクシングもそうですが、結構傷害事件とか起こした選手が普通に復帰してますが、他のスポーツより格闘技ではそこらへんに寛容というか許されちゃう風潮を感じます。
そもそもこの業種に就いている人の傷害事件が多いのでしょうが・・・

MMAのオピニオンリーダー的立場にいるUFCには、
反社会的行為に対しては毅然とした姿勢を貫いてほしいと思う次第です。
Commented by nugueira at 2015-04-30 23:29
>スラッカー様
 こういう売り出しは本末転倒だしズッファも望んでいないと思いますが、今後JJのヒールとしての存在感は高まっていくでしょうね。

>みゆパパ様
 正直、そういうご意見の方が多いだろうとは思います。引き合いに出していい例じゃないんですがメイウェザーもDVによる収監から釈放後すぐに世界戦やってましたし、ビジネス優先で動いてるなと思える事例は多いですね。
by nugueira | 2015-04-29 13:20 | UFC | Comments(3)