反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ロンダの秒殺カーニバル

 別の方のツイートを見るまで完全に忘れていたのだが、ロンダ・ラウジーのここ3戦の結果がえらいことに。

 vs サラ・マクマン(1R 1:06 TKO)
 vs アレクシス・デイビス(1R 0:16 KO)
 vs キャット・ジンガーノ(1R 0:14 ストレートアームバー)


 3試合の合計試合時間が1分36秒。1試合平均32秒。ってこれ、UFCのタイトルマッチの試合時間じゃねえぞ。というか世界各地のマイナープロモーションを探しても、ここまでの数字はなかなか見つからないのでは。
 結果論だが、この3人相手に同じ日に3人掛けで戦っても勝っちゃうという話になるわけだからな。地下闘技場に乱入した範馬勇次郎のようだ。

 冷静な分析として、ロンダ一人がこれだけ図抜けているのは女子MMAという分野自体がまだ草創期の段階にあることの証明でもある。男子の軽量級と同様に今後は女子ももの凄いスピードで進化を遂げていく可能性があるわけで、そうなるとロンダのこの破竹の秒殺記録は、少なくともUFCタイトルマッチというカテゴリーの中では空前絶後のものになるのではないだろうか。とか言っておきながら、次の防衛戦で10秒かからずに勝たれたらどうすればいいんだろう。
[PR]
by nugueira | 2015-03-02 23:55 | UFC | Comments(0)