反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

K-1 -65kgの感想

 K-1の-65kgトーナメント、ゲーオ以外の選手の試合を見た感想を。

左右田泰臣○-×木村“フィリップ”ミノル(2R KO)
 1Rからパンチを強振する木村に、左右田は冷静にパンチを見切りながら対処。2Rに入ると木村はフックだけでなくボディも混ぜて上下に打ち分けるようになり流れをつかみかけるが、左右田のテンカオがボディにヒット。下がった木村に左右田はヒザの連打を突き刺し、木村はたまらずダウン。なんとか起き上がるものの左右田がパンチ連打で2度目のダウンを奪い勝利。

左右田泰臣○-×HIROYA(判定)
 両者ローで削り合うやや静かな出だし。HIROYAは距離を取りつつロー、さらに飛び込んでの右アッパーで2Rはやや優勢。しかし3Rは一気に圧力を強めた左右田がガードを回り込むようなフック、さらにボディへのヒザで攻勢。個人的には2RがHIROYA、3Rが左右田でドローという印象だったが判定は2-0で左右田。終盤はローが効いている気配もあったし、ここでの消耗戦が決勝に影響してしまったか。

久保優太○-×ラズ・セルキシアン(判定)
 前に出ながら左右のパンチを振るってくるセルキシアンに、久保は距離を取り左ミドルで対処。2Rに左ミドルを効かされたセルキシアンが下がると、ミドルやヒザでボディを削り続け一気に主導権を握る。3Rは下がるしかなくなったセルキシアンを一方的に攻め、判定で完勝。

 左右田と久保は両者ともバランスがいいけど、そうなると完成度の高さで久保が上回りそう。HIROYAも試合内容は悪くなかったが、木村みたいなゴツゴツ攻め込んでくるタイプは不得手か。4月のワンマッチは近づいたら改めて予想します。
[PR]
by nugueira | 2015-02-18 23:52 | K-1 | Comments(0)