反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFCドラッグテストの厳格化

 UFCが7月からドラッグテストを厳格化。ランダムドラッグテストを実施し、陽性反応が出た場合の出場停止期間は最長2年になる。

 今回の件でまず不思議なのは「なんで最近、陽性反応が急に明るみに出てきたの?」という点。検査方法の精度が上がったとか、技術的な背景があるのだろうか。だとすると、アンデウソンについても「過去の試合で陽性反応が出ていなかったのは検査の精度やタイミングが悪かっただけ」という邪推の余地が出てきちゃうんだよなあ。

 それはそれとして、今回の厳格化の方針は大賛成。試合後の陽性反応のニュースはファンのテンションが下がるだけだし、最長2年も試合に出れないとなると「やり得」の構図は成立しなくなるでしょう。

 しかしテストステロン補充療法が禁止されたときも同じことを書いたんだけど、これで7月以降サッパリ勝てなくなったり、いきなり階級を落とす選手が出てきたら、原因がどこにあるのかはともかく「ははぁん・・・」という目で見られちゃうんだろうなあ。
[PR]
by nugueira | 2015-02-20 23:55 | UFC | Comments(0)