反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

ゲーオの試合映像

 YouTubeのK-1チャンネルの感想。時系列は前後しますが、-65キロトーナメントを制したゲーオの試合を。

 多少時間が経過しているし結果を知ったうえで映像を見たので細かい試合経過は省かせてもらうが、3試合分を見て一言。こいつ化け物か?
 過去のゲーオの戦績を確認したところ自分は2005年の山本元気戦を会場観戦しており、当時の記事でも「意外なパンチ技術の高さを披露」という点は指摘しているのだが、あれから10年経ってここまでの選手になっていたとは。

 1回戦の山崎戦は1Rの左ミドルと左ハイで事実上試合を制圧、準決勝の久保戦では序盤こそ遠い間合いからパンチをねじこまれたものの、最後は近距離の打ち合いで逆転KO。そして決勝の左右田戦では消耗戦の展開になりながらも、体格で上回る左右田の圧力をパンチとヒザで凌ぎ続けて逃げ切りの判定勝利。どういう展開になろうと最後は白星をもぎ取るだけの技術とスタミナと精神力が備わってる。トップどころのタイ人って本当に強いんだな、という事実を何年ぶりかに実感させられた。

 で、この映像を見てから木村ミノル戦を振り返ってみると・・・うーん、やっぱり釈然としない。滅法強いものの団体側が持て余し気味という点までブアカーオと被ってくるなあ。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2015-02-02 00:24 x
ムエタイに対して、
神格化じゃないですけど、
持ち上げて持ち上げて、
そしてそのムエタイのチャンピオンのタイ人に日本人が勝つ、
っていうストーリーを築きたいっていうのが見えちゃって、
本当にガチなのかっていう疑問すら湧かせてしまうんですよね。

まだ地上波で放送されるようなコンテンツじゃないんだから、コアファンにそっぽ向かれるようなことはしないほうがいいと思うんですけどね。
Commented by nugueira at 2015-02-03 09:03
>みゆパパ様
 最初のトーナメントの時もゲーオ包囲網が敷かれてましたし、こういう図式は早く実現したかったんでしょうね。格闘技ファンは説得力があって強い選手は自然に支持しますから、運営側が妙な肩入れをする必要はないんですが。
by nugueira | 2015-01-31 23:38 | K-1 | Comments(2)