反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

怪物ジョーンズ、薬物からのカムバックなるか

 これもやや遅れた話題ではあるのだが、ジョン・ジョーンズにコカイン陽性反応が検出され薬物治療施設に入ることに。

 聞いた瞬間思ったのが「コーミエ戦で突然あらぬ方向を向く場面があったけど、あれフェイントじゃなく薬の副作用か?」というどうでもいい想像。まあコカイン常用している人間がコーミエ相手にあんな試合して勝てるはずないので、あくまで出来心レベルの使用頻度だった、と理解しているのだが。この辺は知見を持ち合わせていないので何とも判断がしがたいところ。

 以前見たGSPのドキュメンタリー番組で「いつも王者として注目され、気が狂いそうだ」といった発言をする場面があったが、ジョーンズも同様の重圧に耐えきれなくなった、ということなのだろうか。スポンサー契約とかにどう響くかはまだ分からないが、これでジョーンズにはダーティーなイメージがついてしまったのは確か。

 ただジョーンズの選手としての今後については自分はけっこう楽観的で、諸々のバッシングも含めた法的・社会的制裁は十分に受けた、あるいはこれから受けることになるだろうけど、(先ほど書いたように常用というほどの使用頻度ではなかった、という前提のもとで)早く治療してオクタゴンに戻ってきてほしいと願っている。パフォーマンス向上薬を使ったわけではないし、いい事例じゃないけどメイウェザーだってDVで収監された間もベルトは剥奪されなかったわけでしょ。

 今回の騒動がファンを失望させたことは確かだが、失った信頼はオクタゴン上のパフォーマンスで取り返すしかない。グスタフソンとの決着戦は、きっちり見せてもらわなきゃ困る。

 その前にグスタフソンが勝たなきゃ始まらないが。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2015-01-18 23:28 | UFC | Comments(0)