反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC Fight Night 58の予想

 今年最後のUFCとなる21日(日本時間)のブラジル大会の予想を。

ダレン・エルキンス○-×ハクラン・ディアス
 最近は白星と黒星を交互に重ねているエルキンス。前回はアウェーでブラジル人相手に勝っているし、イマイチの戦績が続くディアス相手なら今回も敵地での連勝はあり得そう。

エリック・シウバ○-×マイク・ローデス
 素材は申し分ないはずなのだが振り返るとUFC4勝4敗のエリック。ホームで格下との対戦となる今回はきっちり勝って気分よく年を越したい。

ヘナン・バラォン○-×ミッチ・ギャグノン
 前王者バラォンがようやく復帰戦。計量での失態をここまで重ねてきた以上、フェザー級転向が妥当な選択肢のはずなのだが。ここで勝っても、ディラショーとの再戦はあまり期待しにくいのが正直なところ。

リョート・マチダ○-×C.B.ダラウェー
 ミドル級王座獲りに失敗したリョートの再起戦。タイトル戦線からはしばらく遠ざかることになるだろうが、パワー負けの心配が少ないこの階級ではまだまだ活躍できるはずなので、まずはしっかり白星を拾っておきたい。
[PR]
by nugueira | 2014-12-16 23:59 | UFC | Comments(0)