反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC180の感想

 WOWOWで見た感想を。ちゃんと確認していないが、メインカード枠の合計試合時間の最短記録を更新したのでは?

エドガー・ガルシア×-○ヘクター・ウルビナ(1R ギロチンチョーク)
 パンチの攻防の後、ガルシアが蹴り足をつかみながらテイクダウンしバックを奪う。パウンド連打からチョークを狙うがここはウルビナが凌ぎ、上を取り返すとスピニングチョークへ。だがここはガルシアが逃れる。スタンドに戻った後ガルシアがケージへ押し込んでいくが、ここでウルビナが再びチョークの体勢に入ると、身体を捻りながら入れ替えてそのまま一本。最近こういう入り方のチョークが増えてきた気がする。

アウグスト・モンターニョ○-×クリス・ヒースリー(1R TKO)
 ヒースリーが右のオーバーハンドを入れてからテイクダウン。モンターニョは下からの腕十字なども仕掛けつつ脱出すると、ケージ際でヒザから打撃の連打。ヒースリーは体勢を入れ替えて脱出するとアッパーを入れるが、モンターニョはひるむことなくなおもヒザを入れると、動きの止まったヒースリーをケージに詰めて顔面とボディにヒザの連打。さすがにレフェリーが止めた。無名選手同士の2試合がサクサク終わってくれるという理想的な展開。

リカルド・ラマス○-×デニス・バミューデス(1R ギロチンチョーク)
 バミューデスが飛び込みながらの右をヒットさせつつラマスをケージへ押し込むが、ラマスはテイクダウンを許さず脱出。互いにクリーンヒットしたら一撃で終わりそうなパンチを繰り出す、先日のアルド対メンデスを彷彿とさせるヒリヒリした空気。バミューデスが突っ込んだところにラマスの前蹴りが入り、バランスを崩したバミューデスをギロチンに捕えようとするが、バミューデスは逆にケージ際へと押し込んでいく。再びスタンドの攻防になったところで、ラマスの左がきれいにバミューデスのアゴにヒット!倒れたバミューデスをすぐさまギロチンに捕えると、今度こそ絞め上げてラマスが一本勝ち。7連勝のバミューデスを退け、トップ戦線に踏みとどまった。今はフェザー級が一番やばい階級なのかも。

ジェイク・エレンバーガー×-○ケルヴィン・ガステラム(1R 裸絞め)
 序盤はパンチの応酬。エレンバーガーがワンツーを入れ一気に攻め込もうとするが、ガステラムがカウンターのタックルでテイクダウン。ヒジで削っていく。エレンバーガーは脱出してスタンドに戻るが、ガステラムの勢いに飲まれつつあるか。組み付いてケージに押し込むガステラムに対し、エレンバーガーはジャーマンのようにリフトしてマットへ叩き付ける。しかしガステラムはすぐさま体勢を入れ替えてバックを奪いかえすと、パウンドを入れてからチョークの体勢へ。一気に絞め上げ、エレンバーガーをタップさせる。
 2連敗とはいえ相手が悪すぎた感のあるエレンバーガー、今回は踏みとどまると思ったのだが。メキシコ系のガステラムにとっては実質ホームでの試合だったが、大物食いで一気に存在感を増してきた。

ファブリシオ・ヴェウドウム○-×マーク・ハント(2R KO)
 開始早々ヴェウドウムの蹴りにハント右を合わせ、ヴェウドゥムは吹き飛ばされるように尻餅をつく。ただこれにはハントを誘い込む狙いもあるか。この後もハントが思い切りのよいパンチで押し気味に進め、胴タックルに来たヴェウドゥムを浴びせ倒すようにテイクダウン。ヴェウドゥムは下からの仕掛けを狙うが、ハントはこれを凌いで上をキープ。1Rはハントが取ったが、ヴェウドゥムも計算ずくで戦っている印象。
 案の定というべきか、2Rに入るとハントの動きが落ち始め、1Rのような圧力がなくなってくる。とはいえヴェウドゥムもクリーンテイクダウンを取れるようなタックルはないし、長丁場になるか・・・と思った瞬間、ヴェウドゥムの跳び膝がクリーンヒット!倒れ込んだハントにヴェウドゥムがパウンドの雨を浴びせ、しばらく様子を見ていたレフェリーもさすがにストップ。ヴェウドゥムが暫定王座を獲得した。
 ヴェウドゥムはハントのガス欠を待って戦っている様子が見てとれ、予想通りではあるが準備期間の差が結果に出てしまった形。それでもジワジワ削っていくのかと思っていたのだが、あそこで跳びヒザを用意していたとはなあ・・・。敗れたもののハントも持ち味を発揮し、見事な戦いぶりだった。

 来月はダブルタイトルマッチ。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-11-22 09:12 x
タックルは余裕で切れていたし、1Rはパンチ数発当てたりしてて、ハントもイケるかもって思っていたのではないでしょうか。
レフェリーが止めたあとも、意識はしっかりしていて、マット叩いて悔しがっていましたね。
でも、2Rは左から右フックに一辺倒で完全に見切られてましたし、あのまま続いていて判定までいったとしても、ヴェウドムの勝ちだったように思います。
いやー残念

ガステラムはかなり若かったと記憶しています。今後期待できますね。
Commented by nugueira at 2014-11-22 21:33
>みゆパパ様
 ハントも予想以上の奮闘といっていい内容でしたが、残念です。ウエルター級は次から次へと強いのが出てきますね。
by nugueira | 2014-11-16 15:02 | UFC | Comments(2)