反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

ロックホールドvsビスピン、ショーグンvsサンプレー

 この週末のUFC2大会、メインの映像を見た感想を。

 まずUFN55のルーク・ロックホールドvsマイケル・ビスピン。序盤からパンチを出していくのはビスピンだが、ロックホールドはサッと間合いを外して対処し、全くあわてた素振りを見せない。ロックホールドも手数はさほど多かったわけでもないが、ラウンド後半にはビスピンのどてっ腹に繰り返しミドルを叩き込んで1R終了。
 2Rに入るとロックホールドが一気にペースを上げ、ビスピンのローにパンチを合わせた後、右ハイをヒット。グラついたビスピンに今度は左ハイを入れ、倒れこんだビスピンをギロチンに捕らえると敢え無くタップ。両者のここ最近の勢いがそのまま結果に出た形だが、ロックホールドはピンチらしいピンチは皆無の快勝。これで一気にタイトル戦線にも浮上してきたか。

 続くUFC56のマウリシオ・ショーグンvsオヴァンス・サンプレー。といってもこちらは経過を描写するほどの試合時間にすらならなかった。ショーグンのダウンの瞬間はパッと見はスリップかとも思えるのだが、スローで見るとサンプレーが下がりながらきっちりアゴを打ち抜いてるんだよなあ。ショーグンはこれでここ5試合で4敗。今回は事前にサンプレー勝利を予想してはいたものの、この時間でこういう決着になるとは思ってもみなかった。方々で言い尽くされている話ではあるが、PRIDE時代を含めたダメージの蓄積がもう限界に来ている、と見るのが妥当か。悲しい事実だけど、そろそろ引き際を考えなければいけないタイミングになってきた。
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-11-13 23:18 x
なんか、ショーグンは階級下げるかもとか言われてますね。
もっとはやくから体絞ってトレーニングしておけばって思いますけどね。
PRIDE時代は、記憶にある限りでは圧倒する試合ばかりで、ダメージを受けてるという印象はないので、
自身の能力を過信し続けていたツケがきた、っていう感想です。

たしかにキャリアは長いかもしれませんが、年齢的にはまだまだ今が旬っていう年齢のはずなんですよね。
Commented by nugueira at 2014-11-15 00:21
>みゆパパ様
 確かにショーグンまだ32なんですよね。ただ、先日の羽生の事故の際にツイッターで指摘している方がいましたが、脳へのダメージという点ではスパーリングも相当危ないそうで、シュートボクセの激しい練習のツケが回ってきているのかという気もしています。
by nugueira | 2014-11-10 22:58 | UFC | Comments(2)