反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

UFC Fight Night 56の予想

 続いて8日(現地時間)のブラジル大会の予想を。

イアン・マッコール×-○ジョン・リネカー
 計量オーバーの常習犯だったあげくバガウティノフに敗れたリネカーだが、前回は計量クリアのうえきっちり勝利。マッコールは楽な相手ではないが、ブラジル開催ということを考えれば勝機も十分あるか。ここで勝つとまたタイトル戦線が見えてきそう。

マウリシオ・ショーグン×-○オヴァンス・サンプレー
 ここ4試合で1勝3敗と完全に下降線に入ってしまったショーグン。対戦相手の変更が重なってサンプレーとの試合になったが、正直悪い相手を引いてしまったとしか思えない。ベイダーに敗れたとはいえサンプレーの最近のパフォーマンスは非常にいいし、ブラジル大会というのを差し引いても今のショーグンには荷が重いのでは。
[PR]
by nugueira | 2014-11-02 23:49 | UFC | Comments(0)