反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

REAL遂に旗上げ・・・この募る不安感は何だ?

 5月の会見以来何の音沙汰もなく「このまま立ち消えか?」と思われたReal Fight Championshipが遂に旗上げ興業の内容を発表。

 いや、須藤元気が方向性の違いからスタッフを外れたというのもそれなりに驚きというかズンドコ感のあるニュースなんですが、「それはさておき」と言いたくなるぐらい衝撃的な大会内容。

 だって12月23日に有コロですよ。チケットは一番安い席が1万円ですよ。メインはグレイシーですよ。いったいどういう勘違いをしたらここまで時代錯誤な内容になってしまうのか、と不思議になるぐらい。
 参戦を決意した菊田や宮田をくさすつもりはあまりないのだが、ケージ大会とはいえこの先に北米やUFCが見えてくるという面子でもないし、見どころをどう見出せばいいのか、ちょっと分からなくなってくる。BSフジで放送だそうで、とりあえず見るにはみちゃうんだろうけど。

 それにしても大晦日と日程が近いからDEEPにしたら多少なりとも客足への影響ゼロとはいえないわけで、もはや日本MMAの足を引っ張っている感すらある、と言ったら言い過ぎなのだろうか。

 ところで今日は未発表だったクロンの対戦相手、「外国人でタイトル保持の実績のある大物ファイター」とのことだが、うーん・・・ダン・ホーンバックルの顔が浮かんだのだが、果たして合っているだろうか。クロンにはちょっとハードルの高い相手になっちゃうかな。
[PR]
by nugueira | 2014-10-27 23:32 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)