反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

パンクラス・ワールドスラムが凄い展開に

 パンクラス・ワールドスラム・ライト級準決勝がフィリップ・オリビエリ、 ボグダン・クリスティア両選手の欠場によりアキラvs奥野“轟天”泰舗に変更。

 うわあ・・・打ち切りが決まって無理やり帳尻合わせをしなきゃいけなくなった連載漫画の終盤のような展開・・・。
 とりあえず両者の「肩の怪我」「家庭の事情」という理由をどこまで信じたものか、というところから話を始める必要が出てくる。やっぱり両選手とも期せずして「今さら日本で試合して黒星がついてもキャリアに傷がつくしなあ・・・相手も日本人じゃないからチョロい試合にはならなそうだし」という考えに至った、ということなのだろうか。

 それにしても代替カードがこれまでトーナメントに影も形もなかった日本人選手同士の試合。この試合の勝者に北岡が勝っても「いざ世界へ!」という機運は高まらないし、仮にこの勝者が北岡にも勝っちゃったらトーナメント自体が何だったんだ、という話になってくる。トーナメント完結へ動いたパンクラスの判断は支持していたけど、完全に変な方向に向かっちゃったなあ。

 あと気になるのは奥野の体重。この人、昔計量オーバーした挙句に長南をKOしていた前科があるはずだけど、ちゃんとライト級に落とせるのか?これで奥野が計量オーバーで失格とかになったら、本当に歴史に残るトーナメントになるな。
[PR]
by nugueira | 2014-10-15 23:21 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)