反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー

UFC JAPANの総括

 各試合の感想を書き終えたので、大会全体の総括レビューを。

 せっかくの日本大会の感想を苦言から始めるのは心苦しいのだが、この汚点を見逃すのは格闘ブロガーの倫理にもとる行為になってしまうので、まずは今大会で生じた恥ずべき問題について指摘を。

 試合後のインタビュー中、通訳の小池瑞香の肩や腰にソフトタッチを繰り返したブライアン・スタンをズッファは直ちに厳重処分すべきだと思う。

 失礼、のっけから脇道にそれた。いやでも、観戦後に男3人で飲みながら感想を話していたら、全員この点に突っ込みを入れていたもので。

 ではそろそろ本論に。まずは何といっても日本勢の大善戦。マキシを含めて6勝5敗と勝ち越したのは完全に予想外。記事を見てもらうと分かるとおり自分は4勝7敗と予想していて、田中が負けた時点で「うわ、俺の予想すら下回るんじゃないか」と暗い気持ちになったが、ここから見事に盛り返してくれた。
 カサレス以外はランカーでもない初見の選手が大半だったわけだが、それこそ前座の無名選手にもむやみに強い奴がゴロゴロしているのが今のUFC。ギリギリとはいえ勝ち越した意味は本当に大きい。これまでの経過からすれば一矢、あるいは半矢を報いたという程度かもしれないが、反撃の狼煙が徐々に見え始めてきた。ただそれだけに、次の世代を担うべき田中が負けてしまったのは痛い。

 オープニングからメイン終了まで約5時間と今年も長丁場だったが、KO・一本決着の比率が高めだったこともあり、観戦疲れや中だるみはほとんどなし。前述の日本人選手の健闘からメインのハントの衝撃KOまで、全試合ハズレなしのいい興業だった。格闘技観戦の醍醐味を堪能させてもらいました。

 今回のたまアリは縮小バージョンだったが、最終的にはほぼ満員の入り。当初レスリングオブザーバーで「チケットが6000枚しか売れていない」という報道があったが、そこからある程度は盛り返しに成功したのか。今大会の最大の難点としてチケットが高すぎた。一番安い席が1万円近いのでは初見の人は足を運ぶ気にならないだろうし、土曜の午後一開始という集客には絶好の時間帯にも関わらず前回より客足が落ちたのはこれが一因だったのでは。安い席を設けたら一気に客が倍増するわけでもないし、今回は結果的に会場の大きさと客の熱気が非常にいいバランスでマッチしていたので、難しいところではあるのだが。

 とまあ繰り返しになるが今大会には大満足できた一方で、心配なのは来年以降の展開。ネット上で「日本大会は今年が最後」という話も目にしたが、翌日会見では来年同時期の日本大会継続が示唆されていた。まあ大会が終わった直後に「来年はもうやりません。バイバイ」と言う馬鹿はいないし、UFCも幹部人事の異動があってアジア戦略の見直しが起きそうな状況。
 これは改めて書くつもりだが、UFCは今年の「世界ツアー路線」を通じてビジネスが成立する国とそうでない国を仕分けている可能性もあると思っている。過去3回、一定の成功を収めつつも来客数は下降線をたどっている日本市場がどういう評価を受けるか。まずは正式発表を待ち続けるしかない。

 アクセス数久々の盛況。ありがとうございます。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by スラッカー at 2014-09-25 01:45 x
小池さんもまんざらでもなさそうな表情だったのでイケメン無罪という訳にはいかないでしょうかw
・・・つかスタンてあーいうキャラでしたっけ?
Commented by みゆパパ at 2014-09-25 08:25 x
少し前の話ですが、デイナのビデオブログで、
チケットをそこらへんの若者にばら撒いているってのがあったんですよね。
空席目立たせるくらいなら、ばら撒いてでも満席にしたほうがいいって考えもあるんでしょうね。
今大会でそれがあったかどうかは分かりませんが(特にネットで話題があがってもいないんできっとないとは思いますが)、
座席数縮小させるくらいなら、もう少し都内の交通の便のいい会場でもいいんじゃないですかねぇ。
もちろんPRIDE信者の自分としても、たまアリが聖地なのは重々承知していますがw
Commented by おっさん at 2014-09-25 21:39 x
日本大会が再び行われたとしても、今回同様日本に特化したイベントになるでしょうね。
UFCは随分振り幅を大きくしてるし、儲かるかどうかで線引きをする可能性は大いにありますね。
日本は経済力もありますし、MMAにとって特別な国でもあるので重要視はしてるはずですが。

今回のメンバー、ハント、五味、秋山、(kid)といった、かつての格闘技ブーム時代からの大物選手が随分と減ってきていますし新しい選手で採算が採れないようだといずれは日本大会は無くなるんだろうなとは思います。
仮に水垣が王者になれたとしても、凱旋の日本大会でのチケット売り上げが伸びるかというとやや疑問です。

UFC全体でも世代交代は深刻な問題ですけども、こと日本格闘技界においては死に体に近い状態のように思えます。
こういう状況なら来年の大会があるとすれば、青木や石井なんかはすぐ声が掛かるように思いますね。

ともかく、日本でのUFCの認知度が一向に上がらない状況はまずいですよね。
Commented by nugueira at 2014-09-25 23:09
>スラッカー様
 いやもう、元海兵隊員としてあるまじき行為ですよ。これはイラク戦争の正当性に改めて疑義が出てきますね(そこまで話が及んじゃう?)。

>みゆパパ様
 招待券が出ていたというツイートを見た記憶もありますが、根拠は定かでないです。会場がたまアリというのは「聖地」へのこだわりがあったかもしれませんが、少なくとも電通は退くようなのでこの辺も変化してくるかもしれませんね。

>おっさん様
 北米以外の大会では地元選手中心という傾向が今年に入って顕著なので、今回のようなカード編成は当分続くでしょうね。
 選手層だけでなく客層も少しずつ新陳代謝が起きている感じはするのですが、仰るとおりUFC自体の認知度が上がらないと新規客層の開拓が難しいですね。
by nugueira | 2014-09-24 23:48 | UFC | Comments(4)