反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

INOKI GENOME FIGHT 2の感想

 フジで放送していたIGFを見た感想を。

ミノワマン×-○鈴川真一(2R TKO)
 前に出てくる鈴川に対し、ミノワマンはローと単発のパンチで応戦。2Rも同じような展開が続くが、右ローを入れたミノワマンが甲を痛めて倒れ込み、鈴川のパウンドを浴びてストップ。鈴川がカットしたというわけでもなく、単にミノワマンの蹴りどころが悪かったという感じ。

山本勇気×-○ラマザン・エセンバエフ(3R チョークスリーパー)
 鋭い踏み込みから思い切りのいいパンチを打ち込んでいくエセンバエフに対し、山本はローで応戦。山本はエセンバエフのタックルも切り、前回同様互角の展開。
 2Rは大胆にカットされて迎えた3R、山本は引き続きローを入れるが、エセンバエフの右フックが遂に山本を捉えダウン。パウンドの猛攻を入れたエセンバエフは、最後は山本を押し倒すとバックからチョーク。体にフックをかけるでもないプロレスのようなフィニッシュで一本勝ち。エセンバエフはこれで青木への挑戦権を手にしたか。今回の試合も粗さが目立ち、青木相手にどうこうできる感じはしないが。

クリス・バーネット○-×トラビス・ビュー(2R TKO)
 1Rはビューがテイクダウンからパウンドを入れ優勢。ビューは体型からしても色物キャラか・・・と思いきや、2Rにビューが突っ込んだところへバーネットの右がヒット。グラついたビューにバーネットがパウンドを落とし続け、まさかの逆転勝利。バーネットの右は明らかに「たまたま入っちゃった」という感じだが、これもヘビー級の醍醐味か。

石井慧×-○ミルコ・クロコップ(2R ドクターストップ)
 スタンドではミルコが圧力をかけていくが、ローの蹴り足をつかんだ石井がそのままテイクダウン。そこから上をキープし続けるが、ミルコが下からの肘をヒットさせ石井が流血。
 この後も試合は続行し、2Rに入るとスタンドでも攻めが単発のミルコに対し、石井はパンチのタイミングをつかみ始める。しかし額からの流血も止まらず、最後はドクターストップ。
 ミルコの動きに見るべきところはなかったので、石井にとっては何とも痛すぎる一敗。戦い方は悪くなかっただけに、本当に肘一発にやられてしまった。ただ、契約がどうなっているのかは知らないがこれで大晦日にリベンジマッチという流れができたわけで、団体的にはいい展開なのか。

 プロレスの試合は飛ばした。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-09-05 23:18 | その他(総合・寝技系) | Comments(0)