反り立つ壁に撃沈。


by nugueira

ロマチェンコvsラッセル

 WOWOWオンデマンドでボクシングをライブ視聴。
 
 まずウェルター級10回戦、デボン・アレクサンダーvsヘスス・ソト・カラス。
 1Rからアレクサンダーがいいリズムでコンビネーションを打ち込みペースを掌握。この後もアレクサンダーはソト・カラスの打ち終わりを狙って有効打を入れていく。ソト・カラスがパンチを出す時はアレクサンダーは既に目の前におらず、逆にアレクダンサーはソト・カラスが見えていない場所から攻撃を繰り出すというワンサイドの展開になってくる。
 ソト・カラスは左のクリーンヒットをもらってもひるまず前に出続けるものの流れを引き戻すまでは至らず、要所要所でアクレサンダーが有効打を入れていく展開で後半戦が経過。粘るソト・カラスを仕留めきれなかったものの、アレクサンダーが大差の判定勝利。パンチのタイミングも打ち分けも実に上手く、格の違いを示した形。

 続いてWBO世界フェザー級王座決定戦、ワシル・ロマチェンコvsゲイリー・ラッセル。
 試合開始と同時に勢いよくリング中央に飛び出たラッセルに、ロマチェンコも落ち着いて応戦。両者ともにズバ抜けたハンドスピードで連打を繰り出す好勝負が展開される。ラウンド後半から圧力を強めていったロマチェンコがまずは先手を取ったか。
 序盤はロマチェンコに主導権を握られかけたラッセルだが、3Rから圧力と手数を強めて反撃。ただ動きは悪くないものの攻めが正攻法すぎる印象で、これでは一時的には押し戻せてもロマチェンコのリズムを崩せないか。
 果たして、というべきかロマチェンコはコンビネーションの最後に必ずボディを入れていき、5Rには執拗なボディ攻撃でラッセルの足を止まらせる。持ち味のフットワークでかき回していくロマチェンコを、ラッセルは追いきれなくなっていく。7R終盤にもロマチェンコが再びボディを起点に攻め込み、ラッセルをダウン寸前まで追い込む猛攻。
 ロマチェンコはスタミナという懸念材料を意識してか、8・9Rは様子見の場面が増えてくる。ラッセルもそこにつけこむ余力はあまりなさそうだが、それでも手数を増やして懸命の反撃。ロマチェンコにとっては嫌なムードに。
 10Rも途中まではどちらについてもおかしくないラウンドだったが、終盤にロマチェンコが右をヒットさせラッセルの頭がのけぞる。これで勢いづいたか、ロマチェンコは11Rはアッパーでラッセルのアゴを跳ね上げ、最終ラウンドもボディを効かせてラッセルを下がらせると終了間際にめった打ち。終盤戦に攻勢を印象づけて判定を迎える形に。

 自己採点は117-111でロマチェンコ、ただしフットワークを使うだけで手数の出ていないラウンドも多かったから微妙な判定になってもおかしくないか。案の定最初のジャッジはドローとなりドキリとしたが、残り2名は116-112でロマチェンコを支持。史上最速タイとなるプロ3戦目での王座獲得を達成してみせた。
 先に書いたとおりラッセルは動き自体は悪くなく序盤の攻防は見応えがあったが、ロマチェンコのリズムを崩すいやらしさや泥臭さに欠け、真っ正直に付き合ってしまった感じ。同じアマエリート出身ということで、ロマチェンコにとっては前回苦杯をなめさせられたサリドに比べれば段違いにやりやすい相手だったか。

 亀海vsゲレロはまた後日。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-06-24 21:05 x
ウォードやリゴンドーの系列の五輪出身選手の匂いが漂い始めたような気がするのですが・・・

それはそうと、トップランク契約のロマチェンコですが、今回の試合はGBP興業でしたね。
この試合自体は入札で争った結果でのGBP興業ではありましたが、
シェーファーが去った今、今後もアラム傘下選手とデラ傘下選手の試合が実現してほしいものです。
Commented by nugueira at 2014-06-26 22:45
>みゆパパ様
 終盤はアマエリート出身選手同士の典型的な悪い例、という感じでしたね。GBPの分裂騒動が業界にどう影響するのか気になりますが、選手の流動化が進んでこれまで実現しなかったカードが組まれるなら大歓迎です。
Commented by なちょ at 2014-07-09 18:19 x
ロマチェンコのボクシングに魅せられて興奮しまくったんですが、ゆみパパさんのような意見を見てもう一度見返してみたら、確かにリゴンドー臭は感じますね。
でもまだプロ3戦目なので経験を積んでまだまだ完成度が上がってくれることを期待しています。

サリド戦を見た後は見切りかけていたけど、ロマチェンコにハマリそう。
Commented by nugueira at 2014-07-12 00:29
>なちょ様
 最速タイトル獲得記録にこだわったせいかここ2試合は不満の残る内容でしたが、デビュー戦のようなキレを取り戻せば名王者にもなれると思います。ベルト獲得というノルマをクリアしたので、今後の大化けに期待ですね。
by nugueira | 2014-06-22 21:55 | ボクシング | Comments(4)