反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

UFC174の予想

 日本時間15日のUFC、メイン枠5試合の予想を。

ライアン・ジモ×-○オヴァンス・サンプレー
 前戦の一本勝ちが鮮やかだったサンプレー、今回も期待。

アンドレイ・アルロフスキー×-○ブレンダン・シャウブ
 実に6年ぶりの参戦となる元ヘビー級王者アルロフスキー。4連敗の時期もあったのに、よくここまで盛り返したもんだ。とはいえかなり打たれ弱さが目立つ時期もあったし、かなり苦しい戦いになるのでは。相手のシャウブも打たれ弱さには定評(?)がある選手なので、先にポコッと当てちゃえば結構分からない試合ではあるのだが。

ライアン・ベイダー○-×ハファエル・カバウカンチ
 ここ最近はタイトルマッチ挑戦者の踏み台にされる展開が目立つベイダー。そういう目で見るとフェイジャオンはタイトル戦線に絡むほどの力はなさそうだし、門番としての仕事をしてくれるのではないかと。打撃戦になったらベイダーも分が悪そうだけど。

ローリー・マクドナルド×-○タイロン・ウッドリー
 次期挑戦権争いはローラーvsブラウンの方に持っていかれてしまったが、ウェルター級のタイトル戦線に大きく影響する注目カード。コンディットを粉砕したウッドリーのパワープレーがマクドナルドも呑み込むのでは。マクドナルドとしてはじっくり戦ってウッドリーのガス欠を待ちたいところだが、ローラー戦といいマイア戦といい、優勢になっても攻め切れずに終盤相手の反攻を許してしまう展開が目立つ。今回も長丁場になったらなったで勝機を逃してしまうのではないかと予想。

デメトリウス・ジョンソン○-×アリ・バガウティノフ
 フライ級タイトルマッチ。バガウティノフはUFC3連勝とはいえタイトルマッチ経験者との対戦はなし。まあフライ級の選手層を考えると仕方のないところか。
 昨日の記事で「こういう状況の試合が意外と危ない」と書いておいて何なのだが、まあ普通に考えてジョンソン防衛だろうなあ。持ち味のスタミナに加えて打撃戦も制するようになり、穴がなくなってきている。

 日本人2人はよく分からないので予想はパス。人気ブログランキングへ
[PR]
by nugueira | 2014-06-11 23:09 | UFC | Comments(0)