反り立つ壁に撃沈。


by nugueira
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

パッキャオ雪辱。されど遠のく完全復活。

 WOWOWで放送されたWBO世界ウェルター級タイトルマッチ、ティモシー・ブラッドリーvsマニー・パッキャオを視聴。

 1R、パッキャオはやや慎重な立ち上がり。ラウンド終盤にパッキャオがストレートを打ち込む場面はあったが、手数を出していったブラッドリーのラウンドか。
 続く2Rはパッキャオの左ストレートがヒット。ただマルケス戦の例もあるので、これで前のめりになるとそれはそれで不安。
 3Rもパッキャオが前に出るが、ブラッドリーはクリーンヒットは許さず左ボディで反撃。微妙なラウンドだが、パンチの正確性でブラッドリーが上回っているか。パッキャオはボディをもらい続けると後半に苦しくなりそう。
 4Rは一転、ブラッドリーが自ら前に出て攻勢。パワフルな右を振るい続けると右ストレートをヒットさせ、パッキャオが一瞬ぐらつく。下がり続けてのカウンター狙いかと思われたブラッドリーが逆にパッキャオを押していくという予想外の展開に。
 5Rも序盤はブラッドリーが前に出続けるが、中盤からペースダウン。微妙ながらパッキャオが取ったように見えるが、ブラッドリーも意図的にペースを下げている可能性がありそう。
 6R、前進して手数は出し続けるパッキャオだが、クリーンヒットが出ない。ラウンド終盤にはブラッドリーをロープ際に詰めて連打を出すものの、ブラッドリーのウィービングにかわされてしまう。ブラッドリーが下がり続けているのでポイントは取っているパッキャオだが、逆に試合ペースは握られてしまっている印象。
 ブラッドリーのペースダウンは計算ずくのようにも見えるので後半になるほどパッキャオには苦しい展開になるか・・・と思われたが、7Rにはブラッドリーの足が止まってしまい、ロープ際でパッキャオの連打をもらい続ける。ブラッドリーの足にトラブルが発生したか?
 これ以降はブラッドリーから前半の積極性が完全に失われてしまい、パッキャオの圧力を受けて下がり続ける悪いパターンに。9Rにはクリーンヒットこそもらわないものの足をもつれさせるように転倒する場面を繰り返し、明らかに足の踏ん張りが効いていない。
 完全に精彩を欠いてしまったブラッドリーをパッキャオが圧倒・・・となってくれればまだ見ていられる試合だったのだが、一方のパッキャオもいまいち冴えない動き。10Rには要所要所で打ち込んでくるブラッドリーに手数で遅れをとってしまい、終盤戦も圧力はかけ続けるものの、ブラッドリーのカウンターを警戒してか最後の一発が出ない。結局後半戦はほぼ下がり続けるだけだったブラッドリーをパッキャオが最後まで攻め切れない消化不良な展開のまま試合終了。116-112が2名、118-110が1名という大差の判定でパッキャオがリベンジに成功した。

 「予想としてはブラッドリー判定勝利。とはいえパッキャオが快勝して予想を裏切ってくれればそれはそれでよし」というのが試合前の思いだったのだが、終わってみれば予想は外れた一方、パッキャオも完全復活には程遠い内容という最悪の結果に。序盤でオーバーペースではないかと心配になるような攻めを見せつつ、最後まで露骨なペースダウンを見せなかった点ではパッキャオも評価できるのだが、明確なクリーンヒットが皆無のまま手数だけでポイントを取り続ける姿はやはり物足りなかった。
 ブラッドリーという眼前の相手には勝利を収めたパッキャオだが、この試合のもう一つの焦点だった「衰えとの戦い」には勝てず。王座奪回で「最終章」はもうしばらく遠のくことになりそうだが、果たしてそれが良かったと言えるのかどうか・・・という不安ばかりが募る一戦だった。

 前座の感想は余裕があったら書きます。人気ブログランキングへ
[PR]
Commented by みゆパパ at 2014-04-14 09:33 x
どうでしょう、私はそこまで悲観する必要もないかと思っています。

ブラッドリーは過小評価されている選手の一人だと思いますし、パッキャオがこれまで戦ってきた中でも上位に位置する実力の持ち主だと思います。
そのブラッドリー相手に、判定とはいえしっかり差をつけた勝利だったのではないでしょうか。

あと2,3年はボクシングを続けるつもりだとの発言がありましたね。
トップランクとは契約延長するのでしょうか。それとも待望の一戦を目指していくのでしょうか。
最後まで見届けましょう。
試合後ブラ完全無視でパッキャオ祝福しにいってたボブアラム爺は当然手放したくはないでしょうが。

あと、「ブラに呪いをかけているパッキャオ母」のGIFが面白すぎますよw
Commented by ユウツギ at 2014-04-14 15:27 x
以前のパッキャオの勝ち方が衝撃的過ぎて、ややファンの感覚が麻痺気味なのかもしれません。無敗のp4pランカーに、一応きっちり完勝するあたり、さすがはパッキャオ強し。というのが、僕の個人的な感想です。ただし、衰えはありますね。

ところで、オッズはどうだったんですか?
Commented by nugueira at 2014-04-14 23:25
>みゆパパ様、ユウツギ様
 うーん、確かにブラッドリーを捕えるのはどんなボクサーにとっても至難の業でしょうし、見方がネガティブ過ぎましたかね。現役を続行するのであれば、宿題であるメイウェザー戦は何とか実現してほしいと思います。

>ユウツギ様
 オッズは3対2でパッキャオ有利だったそうです。
Commented by ロイ at 2014-04-14 23:46 x
パッキャオ判定勝ち、しかし個人的にはもっと倒しにいって欲しかったです。ブラッドリーが足を痛めているなら尚更と思ったのですが、マルケス戦でのKO負けがチラついて勝利重視になっていましたね。
過去のパッキャオならガツガツ攻めてただろうなと思いながら見ていました。肉体的な衰えというより精神面での変化が強く影響しているように感じました。ブラッドリーは負けはしましたが良い選手ですね。見た目以上に気持ちが強いブラッドリーを見直しました。
Commented by tarou at 2014-04-17 01:12 x
お久しぶりです。

私はパッキャオのパフォーマンス自体はそれほど悪くない、というか素良かったと思います。パッキャオの現在の実力はデラホーヤやコット、ハットン、マルガリートとやった時の強さがあまりにも衝撃的だったために物足りなく感じられますが、衰えは確実にあるものの、勝ちきる技術に長けたブラッドリー相手にはっきり勝てるというのは、現在もトップクラスにあることは証明できたと思います。ウィービングが本当にうまいブラッドリー相手ですから、ヒット数が少なくなってしまうのは仕方ないかな、と思ってみていました。
しかし、メイウェザーに勝てるのかと言われたら…。今現在このカードが組まれたら勝負論の薄いカードになってしまうかもしれませんね。つくづく、コット戦の後ぐらいに組んでほしかった…
Commented by nugueira at 2014-04-18 23:55
>ロイ様
 4Rにブラッドリーのいいパンチをもらったので、あれで余計慎重になったんでしょうね。ブラッドリーは前半戦の試合運びは素晴らしかっただけに、足のトラブルが悔やまれます。

>tarou様
 やっぱり全盛期の試合を基準に見ちゃうのはパッキャオにとっても酷ですかね。同じ時代の同じ階級に強豪が2人いても対戦できるとは限らない、というのがボクシングの難しいところです。
by nugueira | 2014-04-13 21:34 | ボクシング | Comments(6)